毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

2016年 07月 27日 ( 1 )
それでもなお、人を愛しなさい
少し前に赤塚さんのブログに『逆説の10カ条』が紹介されていました。何かこの文章がずんと来る出来事でも最近あったのでしょうか?

そういえば、12年前、テンプルのメルマガでもこの10カ条をご紹介したことがありました。この10カ条を紹介した頃のこと、少し覚えています。母の闘病が始まった頃で、母の看護のために母を横浜に呼び寄せ、病院と仕事の往復でなんだかワサワサと落ち着かない日々を過ごしていた時期でした。


そして、この素晴らしい『逆説の10カ条』を書かれたのは、当時19歳の青年でした。日本にも住んでいたことがあったんですねー。


キース,ケント・M.
1949年、ニューヨーク生まれ。ハーバード大学在学中に、高校の生徒会のリーダーたちを激励すべく150回以上の講演を行なう。本書の「逆説の10カ条」は、その活動の一環として出版した小冊子ではじめて発表された。その後、オックスフォード大学で哲学と政治学、早稲田大学で日本語を学び、ハワイ州立大学で法学博士号を取得。1979年よりハワイ州の経済企画開発局の要職を歴任し、同局長として州政府の閣僚を務めた。その後も私立大学の学長、YMCAのリーダーなどを務める。

メルマガのバックナンバー73号のコピペです。

最近、お客さまから、下記の言葉が掲載されている本を教えてもらいました。
この文章は、30年以上も前に書かれ、人から人へ、静かに伝わってきたものです。

私は、マザーテレサの言葉として聞いたことがあったのですが、そうではなく、実は、アメリカの19歳の大学生が高校生に向けて書かれたものだと、今回、初めて知りました。(正式に出版されることとなった経緯については、著者が本の中で述べています)

19歳。

著者の年齢を知らないまま読んでいると、老熟した人物によって書かれたような印象を受けます。

すでにご存じの方も多いと思いますが、原文と一緒にご紹介します。

お時間のある方は、ぜひ本を読んでみてください。とても薄い本なので、本の苦手な人でも大丈夫です。1ヵ条、1ヵ条にまつわるエピソードが紹介されています。

それでもなお、人を愛しなさい。(ケント・M・キース著)↓
逆説の10ヶ条(大内博 訳)

1)人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。
People are unreasonable, illogical and self-centered. Love them anyway.

2)何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。
If you do good, people will accuse you of selfish motives. Do good anyway.

3)成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。
If you are successful, you will win false friends and true enemies.
Succeed anyway.

4)今日の善行は、明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。
The good you do today will be forgotten tomorrow. Do good anyway.

5)正直で率直なあり方は、あなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。
Honesty and frankness make you vulnerable. Be honest and frank anyway.

6)最大の考えを持った最も大きな男女は、最小な心をもった、最も小さな男女に
よって撃ち落とされるかもしれない。それでもなお、大きな考えを持ちなさい。
The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down by the smallest men and women with the smallest minds. Think big anyway.

7)人は弱者をひいきにするが、勝者の後にしかついていかない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。
People favor underdogs but follow only top dogs. Fight for a few underdogs anyway.

8)何年もかけて築いたものが、一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築きあげなさい。
What you spend years building may be destroyed overnight. Build anyway.

9)人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。
People really need help but may attack you if you do help them. Help them anyway.

10)世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。
Give the world the best you have and you will get kicked in the teeth.
Give the world your best you have, anyway.

********************************

エドガー・ケイシーにも、逆説の10ケ条と同じような質問をした人がいます。
その質問と回答も下記でご紹介します。

Q「私は有能で立派な人たちの組織を作るために、文字通り昼も夜も働いてきました。苦境にある人を助け、努力して彼らのためによい仕事を作ってきました。それにも関わらず、私は他の人たちから非難されますし、私が助けたはずの当の本人からも後で非難される羽目になるのです。私がこのまま活動をする価値はあるのでしょうか?」

A「人がもし、自分自身の魂を得るのであれば、世界を失おうと、何を思い煩う必要があろうか。忍耐により、人は自分の魂に気づく。あなたが他人に振る舞うごとく、あなたも他人から振る舞われる。これは決して過つことのない不変の原理である。つまり、法則-愛である。

あなたが求めるとき、あなたが行うとき、たとえ全世界があなたを非難しようとも、たとえ他人があなたを見捨てようとも、あなたがかつて掲げ、そして今も掲げている理想を実現するため、それらの原理を放棄してはならない。

忍耐づよくあれ。

そうすれば、あなたの1つなる目的ゆえに、あなたを非難し、あるいは今も非難している人たちの人生のうちに、父なる栄光が現れるのをあなたは見るであろうし、また同胞に対する関係に、ワンネス(一なること)をもたらそうとすることで、あなた自身の努力があらゆる面において、決して報われないままで終わることがないことを知るであろう。忍耐づよくあれ」
802-2





by hiroshimapop | 2016-07-27 08:28 | おススメBOOKS | Comments(0)