毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

今夕は4人で大捜索
今日は、朝、お昼、夕方とニコさん捜索に出かけました。

「ニコさ~ん」って声をかけながら、路地だの車の下を覗き込んでいる怪しい私の姿は、もう近所の名物状態(??)

夕方、近所を歩きまわっていたら「僕達も捜していますよ~」って、通りかかりの若いカップルの方が声をかけて下さったり、近所の方から「まだ見つからないの?気にしてますからね」って言葉をいただいたり、感謝の気持ちでいっぱいです。

夕方はちょうど犬の散歩時間。
こんなにも、犬を連れて散歩をしている方々が多いのかって改めて驚いてしまいましたが、そんな方々ともチラシをお渡ししつつ、お話することができました。

この場所に1年以上も住んでいながら親しく会話を交わしたことが無かった方々と、ニコさんの家出を通じて、近所づきあいが始まったって感じです。

夕方の捜索のときには、ペット探偵のスタッフの方、テンプルの梱包担当の小林さん、そして、このブログを読んで心配して捜索の応援に来てくださった山本さんの4人で、手分けして捜したんですが、姿も形も泣き声もなし・・・。

ちゃんとゴハンを食べているかしら? 他の猫たちからいじめられてないかしら?と、心配で気持ちは焦るばかり。

ニコさん、おぼっちゃま猫だしなぁ。


今日、ペットの心とコンタクトできる方とお話することができたので、ニコさんが帰って来ないことをお話したら「捜索しているときに飼い主が声をかけても猫が逃げてしまうのは、普段と全く違った周波数を飼い主さんが発しているので、それがために猫は飼い主が認知できないのよ」って言われ、「そうだったのかぁ」って、かなり反省!

私は、その焦りまくりの波動の塊でしたからね。

とはいえ、そういう気持ちの焦りが、普段ニコさんと接しているときと別の波動やオーラを作り出してしまうから「落ち着かなくっちゃ」って思って「平常心」「平常心」って唱えながらも、うまくいかないんですよねえ。やっぱり。


私は、20代のころ、フラリと海外に行ったりして、一人旅を何度かしましたが、両親もこうやって不安と心配の気持ちで家で待っていたんだなぁって、今更ですが、私はこんな形で親心を学んでます。

冒険している本人は、家族がこんなに心配していたなんて思いもしなかったんですが・・・・

さてさて、ニコさん探しで疲れて家に戻れば、マイペース猫の福ちゃんが、ふにゃ~って甘えん坊ぶりを発揮してくれてます。
c0125114_2246523.jpg

c0125114_2247128.jpg

このブログを書いているパソコンの足元では、福ちゃんがあられもない姿で・・・・。
いちおうレディなのに・・・・。お腹は、手術を受けたばかりなので、毛が剃られ・・・
by hiroshimapop | 2008-06-14 22:50 | 今日のニコさん | Comments(1)
Commented by 愛媛みかん at 2008-06-16 07:31 x
ちょうどテレビで、ペット探偵さんがでていました。ねこちゃんの場合わんちゃんよりたしか10パーセントぐらいみつかる確率が高く、75~85パーセントぐらいで発見できるそうです。ニコちゃん冒険終了して帰ってきてくれますように。