毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

和田裕美さん
3連休の最終日の今日。
いったん朝7時に起きて、お腹にひまし油湿布を巻いたあと、幸せな二度寝に突入!
今日の外出は午後からなので、そのままラジオを聞きながらニコさんとトロトロ。9時を過ぎたあたりから、さすがにニコさんもお腹が空いたのか、何度か顔をペタペタされながらも、結局、10時近くまで朝寝坊。

午後からはお店のスタッフと一緒に、和田裕美さんのわくわく伝染ツアーに参加。

和田裕美さんは、ブリタニカ時代に世界第2位の営業成績を残したことで有名な方。しかもフルコミッションといって、契約が取れなければ給料無しという厳しい営業の世界。でも、バリバリの営業マンっていうイメージではなく、ほんわかあったかい感じの女性です。

以前、和田さんのお話を聞きに行ったとき、後ろに座っていたサラリーマン風の男性グループが、話しが終わった直後に「和田さんって不思議ちゃんだよなぁ」なんて感想を言い合ってましたが、不思議ちゃんって雰囲気を持ちながらも、悩みながら、転げながら、傷つきながら、ちゃーんとやることはやり、結果を残している方です。

和田さんのお話で印象的だったのは、
1年間を1週間ごと、52週間に区切って、毎週、毎週1件は契約を取るって心に決めた。派手にわーって行けるタイプではないので、会社内で、営業成績を競うあうためでも、決算のためでもなく、毎週1件契約を取るって自分で決めて、その自分との約束を果たすために努力をしていたら、半年後から、不思議なことが起こり始めた。

「今週は1件も契約が取れない。ここまで頑張ってきたけど、もう無理だ」って思った、週の最後の日、3日後に契約をするハズだった人が間違えて会社に来たり、過去に契約をした人が、不意に自分の友達を連れてきたりと、自分は何もしないのに、奇跡的に毎週、誰かが契約をしに来てくれるってことが起こり始めた。

52週連続、1件ずつ契約を取ったというのは地味だけど、営業界では凄い成績らしく、その後、誰もそういう成績を残せなかったらしいです。1年間、決心が揺らがない、エネルギーが途切れない、自分を律して努力しつづけるっていうのは、もの凄いことだと思います。

そういう日々があったから、今の和田さんがあるんでしょうね。私なんて、和田さんに比べたら、呑気な日々ばかりを選択してきたなあと深く、深く反省です。
by hiroshimapop | 2007-11-25 22:25 | 私が出会ったすごい人 | Comments(0)