毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

マイブーム・ランチ
歯列矯正を始めてこの8月で1年。予定より早く、あと半年くらいで終わりそうで、うれぴい。

歯に一列、ワイヤーが入っていていろんなものがひっかかるし、固いものは食べられないしで、今年の夏は生トウモロコシが食べられなくて残念に思っていたけど(1回食べたら、歯は痛くなるし、歯磨きが大変だしで諦めた)、いやいや、生コーンスープという手がありました。

今日もランチに、2本のトウモロコシの実を包丁とスプーンでこそぎとり(一番大切な胚芽も忘れずしっかりかき出す)、小さなニンジン1本とナイフで細かくしたベジタブルスープブイヨン、水をミキサーに入れて美味しいコーンスープを作って飲みました。

ちょうどミキサーでガーガーやっているときに、データ入力のバイトに来てくれた友人、京子ちゃんが到着したので、彼女にも少しお裾分け。

彼女にとっては生まれて初めての「生トウモロコシ体験」であり「生コーンスープ食」。

その生まれて初めてのローフードに京子ちゃん。一口飲んで「すごーく、あまーい! これって砂糖が入っているの・・?」って驚愕の声が。

いえいえ、それはコーン本来の甘さよ、と作り方を教えてあげたんですが、「ナオちゃんは、いつも、どんなものを食べているのかと思っていたら、こんなものを食べていたのねえ」と感心しきり。

でも、感心されるような複雑な料理なんかじゃ全然なく、種をあかせば、1分で出来てしまう手抜き中の手抜きのスープなんですが(ちなみに、私が使っているミキサーはアメリカ製。日本の一般的なミキサーの2倍のパワーがあるものなので、短時間で一気にスープになる)。

しかも、トウモロコシは朝取りの新鮮なものじゃあ、決してなく、買ったのはおとといの夜。
スーパーの閉店間際に飛び込んで買った、いわば余り物のトウモロコシ。
朝どりの新鮮なトウモロコシを使えばもっと美味しくなるんだけど、ニンジンとスープブイヨンの助けもあって、それでも十分いけました。

スープの他に、レタスやベビーリーフをたくさん入れたパワーサラダも用意してたんですが、この2本分のコーンスープで十分お腹が一杯になったので、サラダは晩ご飯にくり越し。
夜は、サラダボール2ヶ分のたっぷりのグリーン野菜に、カツオのタタキをのせた海鮮サラダにして美味しくいただきました。

昨日の夜もリビングフードで、ランチも非加熱スープ。夜もメインがサラダだったので、この1日間は、生食率95%でしたね(あとの5%は、ブイヨンとカツオのタタキの表面)。

月曜日から3日間中国出張で、おそらく100%加熱食になるので、ちょうどいいかも。
中国は誰もがいうけど、とっても水質が悪いので、生野菜のサラダなんてとんでもないって感じです。サラダを洗った水で下痢をするので、サラダは近代的なホテルに行かないと出てこないとか。それも含めて、ちょっと体験してきます。。。。
by hiroshimapop | 2007-09-01 22:23 | 食事が身体をつくる | Comments(0)