毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

第2回行者体験講座参加者の声
先週末に開催した大峰山系の修験の里、蛇の倉行者体験講座にご参加いただいた皆様からのご感想です。今回は全国から15名の方がご参加下さいました。

皆さん、すごく純粋に、また真摯に早朝からのお祈りに取り組んで下さいました。ご自宅に帰られたあともずっと続けられているのが、素晴らしいですねー。

いただいたご感想のごく一部ですが、ご紹介させていただきます。
良い3日間になったようで、主催者としてはホッと一安心。

第2回行者体験入門講座に、唯一男性で参加させていただきました。
女性参加者のパワーに圧倒されますが、男性先達もおられ、特に問題はありませんでした。

大峰山は女人禁制で有名なため、女性も受け入れてくれる修験道道場があるとは思いもよりませんでした。また修験道は作法等に厳しいと思っていましたが、実際に参加すると非常に寛容な道場で、初心者の無作法も大目に見ていただきました。

また、水が非常においしく、食事も非常に美味しく皆大満足でした。
ただし、朝4時過ぎで真っ暗で足も見えない中で川に入っての水行や、六根清浄を唱えながらの奥社への山行、ひたすら般若心経等を唱える祈願はやはり修験道の修行そのものした。

また、宗教的には日本古来の神仏習合で、密教に近いですが仏様にも2礼2拍手を行うなど、神様と仏様の区別はほとんどありませんでした。
テンプルさんの主催のため、参加者はほとんど女性であろうと覚悟しておりましたが、数年前よりご先祖から夢で供養を依頼され、どうすれば良いか分からず、もうこうなっては自分で供養するしかないと思っていたところだったので、迷わず申し込みました。

今回の講座の中で、死んでしまったご先祖は、生きている間にお祈りを十分していなかった場合、死後は自分だけでは祈ることができず、唯一、子孫と一緒であれば祈りができる、子孫が祈ることで、子孫の(自分のための)祈りと先祖のための供養ができる、というお話がありました。
先祖供養は他人任せではダメで、子孫が自分で供養するしかないということでした。
ここ数年悩んでたどり着いた結論と同じで、やはりそうかと思いました。

テンプルさんが今回、山口先生という大ベテランの先達のご指導付きの入門講座を用意してくれたおかげで、私のような者でもご縁ができました。非常に感謝しております。また、ご指導いただいた山口先生他、先達の方々に深く御礼申し上げます。 (T様より)



5年ほど前、身近な父が亡くなってから、気にはなりつつも、先祖供養の意味と意義が分からないまま、もやもやとしていたのですが、山口先生や先達の方々のお話が、私の中にすっと入ってきて、素直に納得出来ました。

そして
「朝は時間が無いから・・・」と言われた参加者の言葉に
「瞑想、祈りの時間をまず確保し、その残りの時間を日々の生活の時間に使うのですよ・・・。生活の余った時間で瞑想と祈りをするのではなく」という光田さんのお言葉に私は、 はっ としました。私も心のどこかにそういう気持ちがあったのです。

「まずは、拝神、ご先祖供養のお祈り・・・それから・・・」
そう気持ちを固めたら、講座に参加する前も後も忙しさは変わらないのに地に足が着くように感じ、集中力も高まる気がします。

今日は、初めの第一歩ですが、この気持ちを最期まで貫きたいと思います。
少しでも魂が成長できるように・・・
誰かに何かに少しでもお返しをさせていただけるように・・・

2泊3日のプチ行者体験でしたが、心も体もお腹もいっぱいいっぱい満たされて、これからの課題までもいただき本当に幸せです。ありがとうございました。(K様より)



東京に帰り、既にお山が恋しくなっています。

念願のお山を存分に全身で感じることができることが嬉しすぎて、楽しすぎてなんだか甘え過ぎていた気もします。今回は行になったのでしょうか(笑)

皆で唱和する祈りの響きが心地良く、もっともっと唱えたいと思うようになりました。世界に祈りが足りていない。本当にそう思います。

自宅で供養もできるようになりました。どうも夜明けにご先祖様たちかそろそろ朝だよと起こしに来てくださっているようで、目覚まし前に目が醒めるようになっています。

朝の拝神と供養が習慣になるよう、続けて行きたいと思います。
個性派揃いの仲間との出会い。今後も共に磨き合いステップアップできると嬉しいです。

このような体験をさせて頂き重ねてありがとうございました。(N様より)


渋谷での山口先生の講演会で、参加前に感じていた体調不良が、講演会最後の般若心経でスッキリ元気になった事で、これって一体何なんだ⁉︎ という疑問と、行者体験にも興味があって申込みました。

体験講座の1週間位前から喉や眼などのデトックス症状があり、果たして蛇の倉に辿り着けるのかしら?、と思いながら迎えた初日でしたが、行者のみなさまに導いて頂き、また、個性豊かな参加者の皆様とご一緒できて、とても実り多い3日間となりました!ありがとうございます!また、ご飯もとても美味しく、毎食楽しみでした(笑)

みなさまとの祈りの唱和は、腹の底から出されるみ力強い声、真言やお経の言霊で、とってもとってもパワフル!毎回、祈りの泉にいるかのように、身体の隅々まで祈りの波動で満たされる感じでしたし、お山を下りても、道場での祈りの声がこだましている感じがしています。

3日間と短いものでしたが、祈りに始まり祈りに終わる一日、お護摩に水行、登拝に算命学などのお話しと、盛り沢山の内容で、祈りの力や場の力を体感できたのは、とても素晴らしいものでした。

家での朝のお祈りも少しづつ場を整えながら続けています。

このご縁を大切に、また蛇の倉へお伺いしたいです。楽しみにしております!(N様より)


本当にあっという間の3日間でした。今回ご一緒した方々とも楽しくお話できて修学旅行みたいでした。既にお山が恋しいです。もっと近くだったらいいのに…。

帰宅して早速お祈りをしています。
いつも朝30分瞑想をしているので、お祈りの時間が加わってさらに早起き生活です。帰宅が夜中になることもあり、いつまで続けられるかしら?なんて思ったりしますが、天の声に助けられて?今のところ朝のお祈り継続中です。
今朝は寝坊してお弁当作りはパスしました(笑) 瞑想とお祈りが最優先ですね。

今回の行者体験、そして出会った旅の仲間(勝手に旅の仲間と呼んでます)を大切に日々過ごします。世界に祈りが満ちていきますように。(S様より)


初心者の私達を温かく迎えていただき、目に見えるところから、目に見えない背後に至るまでのご配慮とご尽力くださったことに、本当に感謝しております。

浄化と気づきの貴重な時間を、皆さんと共に過ごせたことをとてもありがたく、嬉しく思っています。今回の講座は、春から始まった数々の不思議なシンクロに導かれ「これだ!」という直感を頼りに参加しました。

奥の院前の広場のエネルギーは、神聖で精妙で、透明で神々しく、慈悲にあふれ、全てを包み込むような素晴らしいエネルギーでした。
細胞の一つ一つがクリーニングされ、場にいるだけで生命力が満たされます。

蛇の倉での3日間で、言葉では語りきれないような無意識の深みの変容が始まっていたように思います。

拝神での読経、奥の院の登拝、美味しすぎるご飯!とお水のおかげで、腹に力が入るようになり、丹田が強くなりました。

仕事柄、精神的なご病気の方、心理的に弱っている方、センタリングができない方と接することがよくありこうした方と向き合うことは、自分の胆力が試されるので、お相手のため、自分自身のためにも、修行は本当に必要だと思いました。

東京に戻ってきて、品川駅に降りた時には、視界がものすごくクリアーで、次元が違う世界のように見えました。でも、汚れた下界に戻ってきた~という感じではなく・・・

疲弊した目で世界を見れば、何でも悲観的に見えますが、クリアーな目で見ると、汚れていても、何とかできるかもしれないと良い意味で楽観視でき、希望が持てる気がしました。

拝神とご供養も毎日取り組んでいますが、読経中は背中に汗が流れ、本殿で皆様と唱えたあのパワーを思い出します。

ご供養と御法砂のおかげで、家の中のエネルギーが変わってきていますが、言葉にできない部分で、自分自身も変容し続けていることを感じます。

そして、今回いただいたエネルギーをもって、自分にできることから、ご縁のある周囲の人をサポートするために粛々と取り組んでいきたいです。

今回の貴重なご縁をいただいたことに、心より感謝いたします。(H様より)


この9月23日で奥の院に登る入口が閉鎖されるので、今月15日に3泊4日で開催する体験講座のあとは、来年ですかねー。

・・・と書きつつ、開催そのものも未定です。
蛇の倉は天河弁財天と同じ村にあります。天河には行ったことがあるけど、蛇の倉の存在は知らなかった、という方も多いようです(というより、圧倒的です)。天河に行かれるチャンスがありましたら、ぜひ蛇の倉にも足を延ばして見て下さい。
洞川温泉からも歩いていけます。


by hiroshimapop | 2017-09-02 14:41 | テンプル最新情報 | Comments(0)