毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

宮本常一さんの民俗学の本が面白い
五木寛之さんの本で何度か宮本常一さんの本が引用されていたので、興味が湧いて、今は宮本常一さんの民俗学の本を読んでいます。

私達の祖父母にあたる年代の宮本さんが、そのまた祖父母の世代の人に聴き取りをして書かれた「かつての日本人の暮らしぶり」の本です。

いやー、面白い!

『忘れられた日本人』の解説にこう書かれています。
昭和14年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907‐81)が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフヒストリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と生きる日本人の存在を歴史の舞台にうかびあがらせた宮本民俗学の代表作。


意外にも100年前の村の女性は、(影の)家長として確固とした地位を家の中で築き、同じ村の女性たちと強いネットワークを築いていたとか、夜、独身の男性が独身の女性の部屋に通う「夜這い」はどこの地域でも当たり前のように行われていて、男性も女性も複数の相手がいることが多かったとか、へぇーと思う暮らしぶりが詳細に記されています。

もちろん、貧しさから生まれた子供を間引きしたり、娘を売らねければならなかったという時代もありましたが、人々は、しぶとく、そして黙々淡々と日々の暮らしを続けていたんですねぇ。

「忘れられた日本人」では、宮本常一さんが自分の祖父について書いています。
市五郎はいつも朝4時にはおきた。それから山へ行って一仕事をしてかえって来て朝飯をたべる。朝飯といってもお粥である。それから田畑の仕事に出かける。昼まではみっちり働いて、昼飯がすむと、夏ならば3時まで昼寝をし、コビルマをたべてまた田畑に出かける。そしてくらくなるまで働く。

雨の日は藁仕事をし、夜もまたしばらくは夜なべをした。祭の日も午前中は働いた。その上時間があれば日雇稼に出た。明治の初には1日働いて8銭しかもうからなかったという。

仕事をおえると神様、仏様を拝んでねた。とにかくよくつづくものだと思われるほど働いたのである。

しかしそういう生活にも不平を持たず疑問を持たず、1日1日を無事にすごされることを感謝していた。市五郎のたのしみは仕事をしているときに歌をうたうことであった。(中略) 

旅人はまた誰でもとめた。(中略) 宿といってもお金一文をもらうわけではない。家族の者と同じものをたべ、あくる日は一言お礼を言って出ていくのである。生活はいつまでたってもよくならなかった。

子供の頃、日曜日の朝、いつまでも起きず、ダラダラと布団のなかで過ごしていると、母親によくこう怒られました。「周りの農家さんは日が昇る前に起きて田んぼや畑で働いているというのに、あなたは何もせず、いつまで寝ているの!」

機械化が進んだあとでも、近所の農家の皆さんは早朝から田畑に出ていらっしゃいましたが、1つ1つに手間と時間のかかった100年前の日本人の暮らしぶりと勤勉さは、きっと今の私には想像もできないでしょうねぇ。

そしてかつての日本人は、目にみえない存在、動物、昆虫、みみずでさえも自分たちと同じいのちのあるものとして大事にしていました。
ある日、日がくれかけて、谷をへだてた向こうの畑を見ると、キラキラ光るものがある。何だろうと祖父にきくと「マメダが提灯をとぼしているのだ」といった。マメダというのは豆狸のことである。マメダは愛嬌のあるもので、わるいいたずらはしないし、人間が山でさびしがっていると出て来て友だちになってくれるものだとおしえてくれた。(中略) 

さて、マメダがキラキラする提灯をとぼしてくれることが、夕ぐれのひとときの大きななぐさめになった。それから後、山の奥で木をきる斧の音がしても、山の彼方で石をわるタガネの音がしても、みんなマメダのしわざではないかと思うようになったが、そう思うことで山の奥、山の彼方へ心ひかれるようになっていった。

「どこにおっても、何をしておっても、自分がわるい事をしておらねば、みんながたすけてくれるもんじゃ。日ぐれに一人で山道をもどってくると、たいていは山の神さまがまもってついて来てくれるものじゃ。ホイッホイッというような声をたててな」 

小さい時からきかされた祖父のこの言葉はそのまま信じられて、その後どんな夜更けの山道をあるいていても苦にならなかったのである。


いいなぁ。

私達日本人が失くしてしまった1つが、こういう心で暮らすことなのかもしれません。そして私が取り戻したいと願っている1つでもあります。




by hiroshimapop | 2016-11-12 12:27 | おススメBOOKS | Comments(0)