毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

エネルギーを堰き止めているもの
今日もまた、コンテンポラリー風水の話題です。


昨日ご紹介した、私の友人のエピソード。本人が詳しく「体験談」として書いてくれていましたので、今日はそれをご紹介します。私の記憶違いもあったので、それも修正しつつ、以下が本人の体験です。

セミナー初日にマークに直接話しましたが、私、プロポーズされました!!

マークの個人コンサルティングも受け、基本的に我が家はマークのアドバイスにのっとり家創りをしていました。

おかげ様で我が家を訪れる方は皆さま口をそろえて「気持ちの良い空間」と言って下さいます。人の大勢集まる家ではありますが、気にしていながら何年も手をつけてなかったのがクローゼット、洋服の整理でした。

洋服だけではなくモノにはそれを手に入れたときの思い出やまつわる記憶があるものです。それを一掃したく(なんせ、2度も結婚と離婚をしているので)、あの時に着ていた服とか、最初のダンナに買ってもらったものとか、思い出も含めてクローゼットには重たいエネルギーがあったようです。

2つのクローゼット、4つのタンス、4つのプラスチック衣裳ケースが、なんと、1つのクローゼットの中に半分だけ、そして1つずつのタンスと衣裳ケースにしました。家の中の風、空気、エネルギーが瞬間に変わりました。

その日から1週間経たずして友人に紹介された男性が、出会って3日後にプロポーズしてくれました!
そんな奇跡を起こす、モノが持つエネルギーに圧倒されました。

財・福・愛と縁のパワーはばっちり整えていたので、流れを堰き止めていたエネルギーを変えるだけで幸せが砕流の如くなだれ込んできました。感謝、感謝です!


おー。そうだったんですねー。前の夫のものをクローゼットから出して処分したら、1週間後、新しい男性が現れプロポーズ!だなんて、分かりやすい! 

宇宙は空白を嫌う。空白ができると、それを埋めるように情報やモノが流れ込んでくる、とよく言われますが、まさに、そんな感じです!


寝室のクローゼットやベッドの下に、昔の恋人からもらった手紙やギフト、写真、まだ保管しているという人もいました。それだと、無意識に気持ちが過去に向かい「昔はよかった、自分にもこんな時があった。それに引き換え今は・・・・」と現在と未来に意識が行きにくくなります。

またスピ系の方は、天使グッズを家中に置いている方もいらっしゃいますが、幼い天使の絵が周りにありすぎるのも(特に寝室に)、成熟したメンタリティには向きません。

愛や縁のエリアを整えたのに、何も起こらないと思われている方は、新しい出逢いを阻むエネルギーが家の中にないかどうか、あるいは、自分の無意識レベルに自立したくない気持ちがないかどうか(たとえば、両親といっしょに住んでいる人は、やはり両親の元にいるほうが楽だとか、毎日、母親の料理をアテにしているとか・・・)しばし見つめ直してみて下さいませー。
by hiroshimapop | 2016-10-25 16:33 | マークの風水講座 | Comments(0)