毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

願いもとめる祈り
先ほど、メルマガ616号で、『神の探求(下巻)』の2日間集中講座の告知を配信しました。朝から夕方までひたすら、びっちり『神の探求』を学ぶ2日間。

ケイシーリーディングを通じて自らの霊性を高めたいと望まれている方のための講座です。魂の震える2日間になると思いますよ。
12月17日(土)、18日(日)の2日間、万事お繰り合わせて、ぜひお申込下さいませー(申込フォームはこちらから)。


さて、そのメルマガを書くために、私はこの1週間、『神の探求』と共に、祈りについて書かれた本『何を、どう祈ればいいか』も読んでいました。その本を読みながら、私は祈っているようで、全然祈っていなかった、自分は何が欲しいのか知っているようで知っていなかったことに思い至りました。


祈りにはいくつもの形がありますが、以下は願い求める祈りについて書かれた箇所です。
イエスも繰り返しそれを強調された。つまり根気強く祈ることである。何かを祈り求めるなら、1度だけでは足りないと言われた。繰り返し、たえまなく、うむことなく祈る。父が聞き届けて下さるまで祈るのである。イエスが挙げられた根気強く祈る人の例を読むことにしよう。

「あなたがたのうちのだれかに友だちがいて、真夜中にその人のところに行き、次のように言ったとしよう。『友よ、パンを3つ貸して下さい。旅行中の友だちが私のところに立ち寄ったが、何も出すものがないのです』 すると、その人は家のなかから答えるにちがいない。『めんどうをかけないでください。もう戸は閉めたし、子供たちは私のそばで寝ています。起きてあなたに何かをあげるわけにはいきません』 しかし、言っておく。その人は、友だちだからということでは起きて何かを与えるようなことはなくても、しつように頼めば、起きてきて必要なものを何でも与えるであろう。そこで私は言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる」(ルカ11・5~11)

いいえとの答えを受け入れない姿が描かれている。恥も外聞もなく、根気強く求める心がある。イエスはこの人のように祈れと強い口調で命じられた。

要するにイエスはこう言われたのである。「たとえ神があなたの祈りに耳を貸そうとされないかのように思えても、くじけてはいけない。あきらめず、かつずうずうしく求めなさい。根気強く祈りなさい。扉をたたき続けなさい。神を押して押して、押しまくりなさい」

ルカ18章の例を見よう。「イエスは気を落とさずにたえず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。『ある町に神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。ところがその町に一人のやもめがいて裁判官のところに来ては、相手を裁いて私を守って下さいと言っていた。裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかし、その後に考えた。自分は神など畏れないし、人を人とも思わない。しかし、あのやもめはうるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやってきて、私をさんざんな目にあわすに違いない』

それから主は言われた。『この不正の裁判官の言いぐさを聞きなさい。まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあるだろうか』(ルカ18・1~7)

(中略)

私たちが祈り求めることを自分のものにできないのは、しばらくは祈るが、まだ手に入れてないのに、祈りに飽いてしまうからだ。イエスがお与えになった教訓をしかと受けとめねばならない。彼は言われる。「このうるさくてかなわない未亡人、その根気強さで裁判官をうんざりさせた未亡人になりなさい」

(中略)

神に少ししか願わないなら、少しだけしかかなえられない。少しだけ神を必要としているから、神はその程度にこたえられる。この少ししか求めないとは、何を意味しているか。私は、充足した、安全な、よく守られた、凡庸な生活を送っていることを、はからずも告白しているのである。自分の身に危険が迫るような生き方はしていない。これでは福音を宣教する者にイエスが求められる生き方からは、はるかに遠い。

少ししか祈らない人は、福音が促す挑戦的な生き方、危険をわが身に引き受ける生き方へ少ししか歩み寄らない。生活のなかで少ししか挑戦しない人は、少ししか祈らない。


神は私のことは何でもご存じだから、わざわざそれを神に知らせることはない、という人がいます。神に祈る言葉は世界平和や感謝だけにすべきである、と云われることもあります。でも、自分の願いを神に伝えられない、ということは、つまりは、自分が何をしたいのか、どういう願いを持っているのか、実は曖昧ではっきりしていない、知らないのかもしれません。祈る言葉は世界平和や感謝だけにすべきなら、いったい私達は、一人ひとりが幸せを求める気持ち、願う気持ちをどこに向けたらいいのでしょうか。

流れ星が流れている間に3回願いごとを言うと叶えられる、というのは、そんなとっさの時にすぐに3回重ねて言えるほど願いが具体的ではっきりしているとも云えます。そこまでクリアであれば、その願いが叶う日は近いでしょうね。

自分は何をしたいのか、どちらに向かって行きたいのか、何が欲しいのか、まずは明らかにする。そして神が根負けするほどしつこく願い祈る。そしてそれが叶ったかのように生きる。

ケイシーのリーディングにこのような一節があります。
『すべての祈りは聞き届けられる。神に、その答え方を指示してはならない。 望んでいることを神に知らせよ。そして、それらは叶えられた思って生きよ。 なぜなら、主はこのように言われた。 「汝らが私の名において信じて求めるものは、天の父が汝に与えて下さるだろう」と』 4028-1


幼子のように・・・というフレーズが聖書にはありますが、確かに幼子はしつこいです! デパートで地団駄踏んでる子供、時々見かけます。私には5歳離れた妹がいますが、妹は小さい頃(10代の頃も確かそうだったような)、欲しいものがあると手をかえ、品をかえ、両親が呆れ、根負けするまでしつこく訴え続けてました。

私は幼少の頃から諦めが早く、幼子のしつこさを持つことすら人生の早い段階で諦めてしまってました。確かに、考えてみれば、私は人生において少ししか挑戦していないですね。

祈りについて書かれた本ですが、書かれていることは刺激的です。





by hiroshimapop | 2016-10-21 18:56 | おススメBOOKS | Comments(0)