毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

ビュガラッシュ村とレンヌ・ル・シャトー(南仏の旅報告ー2)
南仏の旅、到着2日目の目的地は、ビュカラッシュ村。
2012年12月、世界が滅んでもココは残ると云われたため、村民200人のこの村にニューエイジ系の人々が大挙して引越してきたんだとか。

このビュガラッシュ山は、UFO の目撃情報もあったり、地質学的に山の上部の地層の方が古いという、ちょっと不思議な山です。私は時々、何かのエネルギーに反応すると頭痛がしてくるんですが、バスがこの村に近づくにつれ、頭痛が始まりました。今回は麓から仰ぎ見ただけですが、登ってみたら何やら面白い体験が出来そうな感じです・・・。

…しかし、ルルドから半日かけて、わざわざここまで来た日本人は、そうはいないはず。とにかく、その噂以外、なーんにもない村なんですから。ここに来るのをリクエストしたのは私ではありますが、こんな旅を許してくれる小林さんも、相当懐ろ深いですー。

c0125114_15214267.jpg


この山からほど遠くない場所にあるのは、第二の目的地、レンヌ・ル・シャトー。

ダン・ブラウンのダビンチコードを読んだことのある人は知っている、不思議な歴史を持つ教会です。高台の景色のいい場所にはありますが、車もない時代、毎週ここの教会に通うにはかなり不便だっただろうな思います。教会内部の装飾は、かなり趣味の悪く、とても美しいとは云えない小さな教会ですが、ダビンチ・コードを読んだ時から、ここ、ずっと来たかったのですよ〜。この趣味の悪さで何かをカモフラージュしている感じもしないではありません…。ビュカラッシュの山と何か関連があるのでしょうか?


団体旅行なのに、何時間もかけて、こんな摩訶不思議な場所にお連れしてしまい、念願叶って私は満足ですが、とことんワガママな私仕様の南仏の旅に付き合って下さり、皆さん、ありがとうございます。
c0125114_15224796.jpg

c0125114_15222057.jpg

c0125114_15231852.jpg
c0125114_15234032.jpg


トム・ハンクスには申し訳ないですが、ダビンチ・コードは、小説の方が断然面白いです。読みだしたら止まらない1冊!

by hiroshimapop | 2016-04-24 05:14 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)