毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

入江富美子さん・入佐明美さんW講演会
10年以上前でしょうか。全米ホリスティック医学協会会長でもあった子ども専門の精神科医スコット・シャノン医学博士を日本に招き、講演を主催したことがあります。


その時の博士のお話で、今でも心に残っていることがあります。

それは・・・
「10代の子どもには、自分がそうなりたいと感じるモデル的な存在、そんな大人になりたいと憧れるような身近な大人の存在が必要である」ということ。

なかでも10代の男の子は、そのような大人、特に大人の男性と触れあうことが、男の子の心の成長や社会の一員として生きる動機づけとしてとても重要。モデルとなるような大人との出会いや触れあいがなかった子どもは、自分が生きる意味について悩みを抱えたり、社会から離れたり引きこもりになってしまいがちだということでした。

両親(男の子の場合には父親)がそのようなモデルになれればいいのですが、それが難しい場合には、生き生きとその人らしく人生を謳歌しているような親戚やいとこ、近所や学校の先輩など誰でもいいので、子どもが目標としたいような大人との出会いを作るといい、と言われていました。


今年の1月、大阪で開催された入佐明美さんと入江富美子さんのW講演会に行ってきました。

入佐明美さんのことは、元養護学校教員で作家の山元加津子さんの付き人であり、私の尊敬する1人でもある静岡の公認会計士、小林正樹さんから、『神様に一番近い人だよ』と伺っていたこともあり、是非とも直接お話を聴きたいと大阪まで飛んでいったわけです。

入佐明美さんは、たった1人で、大阪釜ヶ崎(あいりん地区)で日雇い労働者のためのケースワーカーとして仕事をしていらっしゃいます。

そこは男性警察官でも2人一組で行動しなければ身の危険を感じてしまうほど危険と隣り合わせの、しかも、ほとんどが男性の日雇い労働者で構成されている街。そんな場所に24歳という若さで、しかも女性でありながら、釜ヶ崎に暮らす人々のために入佐さんは活動を開始されたのです。

そこでの活動の日々がどのようなものかはこちらをお読み下さい


言葉は悪いですが、表社会から見捨てられ、釜ヶ崎で日雇い労働者として「やさぐれて生きている」人々に、どのように入佐さんが受け入れられ、また、労働者からひどい言葉や扱いを受けたとき、どのように入佐さんが自分自身の心を保ってきたのか、日銭で生きている日雇い労働者とどのように心の交流をしてきたのか・・・etc..

その25年間の体験と、入佐さんの人生の生の声をぜひお聴き下さい。

普段暮らしている世界では絶対に触れあわない労働者との暮らしの中で積み重ねてきた心からの言葉や愛に溢れた経験を入佐さんはたくさんお持ちです。

日本全国のたくさんの人々と会い続けている小林正樹さんをして『神様に一番近い人』と言わしめた入佐さんがどんな人なのか、ぜひ心で感じて下さい。


そして、テンプルでも何度も『へそ道』をはじめとする講演会を主催させていただいている入江富美子さん

映画を撮ったことがない主婦だったのに、自分のミッションを下さいと願い続けてきたら、突然の啓示で映画監督となったスーパーミラクルの人です(詳しくはこちらから)。

入江富美子さんは、子どもの頃、デザイナーに会ったことでデザイナーという職業を知り「自分がデザインした洋服を日本中の人が着る」という夢に目覚め、実際に服飾デザイナーになり大成功をおさめています。

しかし、現在は自分が描いた夢を追って生きる生き方から、天から与えられた自分のミッション、使命に生きる生き方にシフト。さらに生き生きと世界中を飛び回る日々を送っています。

ミッションに生きるとは? どのように日々がミラクルになっていったのか。
入江さんのお話も、何度聴いても大感動です。


8月の講演会は中・高校生に、冒頭にも書きましたように、普段の日常では会わないような、ステキで生き生きと人生を謳歌している大人に会ってもらいたく企画しています。

会社員や保母さん、学校の先生といった自分がよく知っているようなことを仕事にしており、しかも、高い給料をもらうとか、どれくらい社会で成功するかといったことではない、全く別の喜びを基準に生きている大人との出会いは、きっと子どもたちに大きな刺激になると思います。

今回は2人とも女性ですが、パワフルに生きているお二人の姿は、男の子にも刺激になるハズです。

もちろん大人にも(学校の先生にも聴いていただきたい)! 
どのような年齢であっても、魂がインスパイアーされる、鼓舞するようなひとときです。


1月の大阪講演の際には、友人と中学1年生の娘さんを誘って参加したのですが、飽きることなく講演を熱心にずっと聴いていました。そして直後に開催された学校のマラソン大会では、いつもだったらすぐに諦めてすぐに歩いてしまうのに、最後まで歩かず走り抜いたとお父さんがとても驚いていました。

大阪でのW講演会の参加者の声
言葉では表せないほどの感動と気づきを頂きました。今日参加できて本当に良かった!!この世界を教えてもらって本当に良かった!!と心 の底から感じています。感謝ということばしか見つかりません。本当にありがとうございました。K.Sさん

自分を信ずるってことにみじんを疑いを持っていない人の香りを感じることができてよかった。自分の中に価値観をもたないという言葉に心 が動かされました。H.M

信じることの素晴らしさを改めて実感しました。お金がなくても生きれる、生かされる生き方に心をふるわされました。匿名

今日のこの回に参加できたことに、奇跡的で運命的な出会いを感じています。信じられないほど、ありがたいです。U.Kさん



夏休み期間ですので、ぜひ子ども達同伴でご参加下さい。


日 時:2015年8月8日(土)13:00~16:30 (開場12:40)
講 師:入江富美子さん、入佐明美さん
会 場:東京駅エリア(参加者に直接ご連絡)
定 員:90名
参加費:6,000円
*ユース割引(中学生、高校生/保護者同伴で2人まで):1,500円/1人

    事前振込先:三菱東京UFJ銀行 自由が丘駅前支店
    普通)1529907 ユ)テンプルビユーテイフル

お申込はこちらまで







by hiroshimapop | 2015-06-23 15:41 | テンプル最新情報 | Comments(0)