毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

夢は神さまからの最高のシグナル
ケイシー流の夢解釈の第一人者でもあるで坂内慶子先生の夢辞典『夢は神様からの最高のシグナル』が出版されました。以前「夢のメッセージ」として出版されていた内容が、さらに分かりやすく、活用しやすくなったアップグレード版の夢辞典です。

坂内先生からいただいたメールには、こう書かれています。
Aさんがご紹介下さったコスモ21の出版者は、
長く売れるもの、
本屋の夢に関する棚にはいつも在るものにしたい、
さらに精神世界と心理学の棚にも載る本でありたいとのことでした。
世に理念を説く本はたくさんあるが、
心の成長に直ぐに役立つ方法を示す本はないからとのことでした。

それで既に出来上がっている原稿を平易な文章に書き換え、
構成を大幅に変えて、
1年間編集者とべたなやり取りをして出来上がった本です。

編集者は夢の本ではあるが、
辞書をつくっているのだからと手を抜くことがありませんでした。
夢辞典となっていますが、
編集部では通常の辞書づくりと同じような労力をかけて、
校正に力を入れてくれました。

「夢のメッセージ」はすべてがわたしの文章で、
編集者からの直しは入っていませんが、
今回の「夢は神さまからの最高のシグナル」は、
編集会議に何度もかけ、
この本を手に取った人が、
この本だけで夢を実行に移せるようにと、
平易な表現になるよう何度も提案してくれました。

本づくりの大変さをAさんを通し、
出版社のみなさまを通して体験できたこの1年でした。


この本の編集をサポートされたAさんは、私も一緒に学ばせていただいた坂内先生の夢講座の生徒さん。坂内先生から直接夢解釈の手ほどきを受けた方が手がけた夢の本ですから、読者が夢を自分の人生に活かしたり、夢を学ぼうと思ったときに役立つトリビアがたくさん詰まっています。

夢といえば、もうずいぶん前ですが、アメリカのバージニアビーチに滞在中、坂内先生が亡くなった夢を見たことがあります。夢の中でも号泣をし、また実際に泣きながら目を覚ましたのは後にも先にもあの時だけだということもあり、私にとっても、とても印象に残った夢でした。

帰国後、坂内先生に夢のストーリーをお伝えしたら、自分が死んだ夢を「人生の再出発、再生だ」と、とても喜ばれたのを記憶しています(夢の中に出てきた数字や、職業が現実の坂内先生にリンクするものであったのと、悩んでいたことの解決になったらしいです)。

「夢の中であなたが死にまして・・・」と伝えるのは、たとえ夢であっても、なかなか躊躇するものですが、死の夢には別の側面があると知っていれば、その人への吉報になり得るかもしれません。


坂内先生の夢講座を受けているときには、飛行機の夢が話題になったことがあります。

私はテンプルを始めた頃に、よく飛行機の夢を見ていたこともあり、飛行機を「仕事がテーマ」の夢だととらえていました。夢に出て来た飛行機の飛ぶ様子で、自分の仕事の取り組み方を考え直したりしていたんですが、坂内先生によると、飛行機の夢は〈過剰な期待、時代の要望を表します。学歴、社会的な地位、結婚の条件といった物質的価値があなたを苦しめ、その期待に応じた大きさの飛行機が登場します。自由を求めてブレイクスルーしたい願望と、成功への条件がせめぎ合っているなら、ジャンボジェット機を操縦することさえあります・・・以下略〉だということ。

小型飛行機はおそらく私の夢にはほとんど登場したことがない(私の記憶では1度しかない)うえに、私自身がジャンボジェット機だったことさえあるので、当時の私はここに書いてある通りの実力以上の期待にアップアップしていたり、心のせめぎ合いが無意識レベルでなされていたんでしょうね(私自身がジャンボジェット機だったんです!と伝えたら、坂内先生にビックリされた記憶あり)。

笑ってしまったのは〈飛行機は心の成長、霊性の向上とは無関係です。自由な心や霊性は何も持たず自分の力だけで飛ぶ鳥として表れます・・・〉のくだり。苦笑するしかありません・・・。


トイレの夢もよくあるテーマだと思いますが、夢辞典によると、トイレの夢は〈問題は終わり、今はそれを手放す時です。過去を手放す寛容さが試されています。トイレが不潔で使用できないという夢は過去を手放せない言い訳を意味します。トイレ探しの夢はグレードアップが見込まれることです・・・以下略〉。私は、トイレを探してようやく見つけたら、トイレが不潔で使用できない、という夢を何度かみています。グレードアップするには大きく断捨離することが必要ってことでしょうか。


この本の冒頭には、夢の活用の仕方、つきあい方が書かれています。
夢は神様からのメッセージ。しかも、夢に意識を向ければ向けるほど、より多くの自分にとって意味ある、そして人生を向上させるヒントやフィードバックが返ってきます。

夢を見る秘けつは、まず夢に関心を持つこと。そして、夢に関心を持っていることを無意識レベルに伝える有効な方法が、夢について書かれた本を読むこと。この本はケイシーリーディングの夢解釈のエッセンスもふんだんに入っているので(洗腸が勧められていたり・・・)、夢の解釈に悩んだときのために身近に置いておく本としては良書だと思います。

夢はパーソナルな有能なカウンセラーであり、医師であり、応援団であり、厳しいメンター。毎晩、溢れるほどのメッセージを伝えてきているんですから、それをしっかと受け取ったもの勝ち。・・・と書きつつ、私もしばらく夢日記をつけていなかったので、しばらくぶりに夢日記を引っ張り出してみるとします。


坂内慶子先生のプロフィール
和洋女子大学短期大学部国文科卒業。家政学部中退。幼少より数々の病魔に冒され辿り着いたエドガー・ケイシー療法により健康を取り戻す。健康で居続けるには自分を知ることだと悟り、ケイシーがその道具のひとつとして取り上げた夢の研究に取り組む。縁あって瞑想の指導者ベティ・ベサーズ著『Dream book』を教本に夢への実践的解釈を体験する。夢とアートセラピーを合わせた夢解釈法をアートセラピー・スクール「オーロラ」で学ぶ。以後、アートセラピー・スクール「オーロラ」、朝日カルチャー新宿校及び横浜校、エイトスター・ダイヤモンド、サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ新宿タカシマヤ店、吉元由美のLIFE ARTIST、船井メディア等で講演並びにワークショップ開催。


by hiroshimapop | 2015-06-07 08:45 | おススメBOOKS | Comments(2)
Commented at 2015-07-09 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiroshimapop at 2015-07-10 15:49
天野さま
お問合せありがとうございます。
9月3日のトリオ講座は、先週メルマガでご案内を配信したところすぐに定員に達したため、ブログなどでお知らせする余裕がありませんでした。
しかし、あと数名はお受けできるようですので、お手数ですが、大至急こちらよりお申込いただけますでしょうか?
よろしくお願いします。
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=cayce&formid=183