毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

早池峰岳神楽とバリ舞踊の競演ツアー
今年1月に急死された山田バウさん。そのバウさんが霊界から仕組んだとしか思えない偶然の出会い以降、作家の田口ランディさんと親しいお付き合いが続いています。
(その時の出逢いはこちら参照

もともと衝撃のデビュー作『コンセント』以来、次々出される本を買っては読み、買っては読みしていたおっかけ読者でしたから、ランディさんからメールが届くといまだに感動してしまいます…。


そのランディさんのブログに岩手県の早池峰神楽とバリ島のバロンダンスの競演を鑑賞するツアーが紹介されてました。参加者が15人以上集まれば、ツアーが成立するそうで、しかもランディさんも参加予定とのこと。

実は、私が生まれた広島の県北も神楽が盛んな土地。私も夏や秋のお祭りの際には、よく神楽を見に行ってました(ヤマタノオロチ伝説の残る土地でもあるので、ヤマタノオロチは神楽でストーリーを覚えたほどです)。当時は、笛や太鼓を演奏するのも演じるのも、普段は農作業に汗を流している田舎のオジちゃんやおじいちゃんたちばかりでしたが、今では高校の部活にも神楽部が出来て若い男性の踊り手が増えたこともあり、氷川きよしばりに熱烈なおばちゃんファンを獲得している人もいるそうです・・・(神楽専門の常設舞台もあります)。

私にとっても神楽は子供の頃からの馴染みの郷土芸能。しかもインドネシアのバロンについてを最近Wikiで調べたばかり(バロンはバリ島に伝わる獅子の姿の聖獣です)! その2つがそろう機会なんてもう無いでしょうから、ランディさんのお知らせを読んで「あー、行きたい!」とかなり心が動きました。しかし、ツアー日程は、8月31日~9月4日。

あー残念。

9月3日はテンプル主催でイスラエル旅行でお世話になった赤塚高仁さん、イスラエルのツアーガイドのバラさん、そして光田兄のコラボ講演会をする日なのでした。9月3日の朝に成田に帰国する便で行くという強行スケジュールも考えましたが、肝心の早池峰神楽の登場は9月3日! コラボ講演会も個人的には楽しみにしている1つで、しかも主催者ですから、こちらは外せません。。。

というわけで、東京でのコラボ講演は残念しちゃいますが、バリにご縁を感じる方、日本の神楽とバリ舞踏の競演を見たい!と心が動いた方は、私の代わりに行ってほしい・・・。


バリで開催されるジャパンウイークのいっかんとして公演されるようなので、神楽の他にも日本各地から集合する伝統的な郷土芸能や伝統工芸などのイベントもあわせて楽しむことができそうです。

以下、ランディさんのブログから転記
早池峰神楽は岩手県早池峰山の麓の岳の集落にある、早池峰神社の氏子衆が奉納のために伝えている神楽です。日本三大神楽の一つでその高い芸術性を世界的に評価され、ユネスコ世界無形文化遺産に登録されています。今回、早池峰神楽がインドネシアに招待されました。そして、インドネシアの神秘、バリ島のバロンダンスと、早池峰神楽の競演が実現しました。

バリ島のバロンは善の神で、早池峰の権現舞(獅子舞)と通じるものがあります。神事として伝わる二つの舞踊の競演、ぜひ観たいと思いました。
今回15人以上の参加者が集まればツアーが成立します。

8月31日~9月4日の3泊5日で、バリ島への旅を計画しています。
めったに見ることができない、早池峰岳神楽とバリ舞踊の競演の鑑賞や、岳神楽の皆さんとの夕食会を含めて、約15万円です。


現時点ではツアーが成立するかどうか未定ですが、ピンと来た方、まずは以下からお問い合わせ下さいね。

旅行はどこに行くかも大事ですが、誰と行くかも大事。普通のツアーでは巡り合えない出逢いがたくさん待っている(と思う)このツアー、時間とお金があれば是非ものです。

申込み、問い合わせはこちらのサイトから
by hiroshimapop | 2015-05-24 09:47 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)
Commented at 2015-05-24 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。