毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

瀧原宮(伊勢)への旅
今年の春分の日は、大きな節目であり特別な日になりますよ、と天下泰平ブログの滝沢泰平さんから言われ(ブログ参照)、その春分の日をどこで過ごそうかとずっと考えていたんですが、前日20日の夜、名古屋で人に会うことが急に決まったこともあり、ずっと前から行きたいなーと思いながら果たせていなかった伊勢の瀧原宮にお詣りに行くことにしました。

松阪駅から熊野古道行きのバスに乗れば、約1時間で瀧原宮に。神社のすぐ近くにバスが留まるので、時間はかかりますがとても便利なのです・・・。

神社好きの友人たちが口をそろえて、瀧原宮はいいよ~と言っていましたが、まさに、あそこは聖地ですね。エネルギー感知ににぶい私でも、御神域に入った感がたっぷりありました(途中に小さな太鼓橋があったんですが、あの橋を渡ったところから、さらに神域感が深まった気がします)。

参拝者もまばらで、一人、二人と静かにご参拝される方々ばかり。一人旅にはぴったり。私は、瀧原宮に行くならミッションがあります、と急にご使命を受け、極秘ミッションも遂行。

往復のバスの時間の関係で私の滞在時間はほんの1時間でしたが、もっといたいところでした。友達と行くのもいいでしょうが、何も喋らず、ただじっとしているだけでも良さそうですよ。


結局、私の春分の日はこんな感じでした。

早朝、例のいなくんと待ち合せて一緒に熱田神宮にお詣り
名古屋から近鉄で松阪駅に。バスの時間まで少し余裕があったので、近くの八雲神社にお詣り
熊野古道行きのバスに揺られ瀧原宮に
復路はバスで松阪駅→名古屋

夕方、魂の友人知人たちといなくんのライブハウスに集合して、不思議な夜アゲイン・・・。夜9時すぎ、宮古島で御神事を済ませた泰平さんも合流して、さらに深い夜に・・・。



神社の近くに大きな「道の駅」があって人の多さに驚きましたが、ここまで来る方はまばら。一気に御神域に入ります。
c0125114_1521967.jpg

                      長い参道がまたいいのです~
c0125114_1524827.jpg

                      本殿の後ろは深い緑
c0125114_153311.jpg

by hiroshimapop | 2015-03-25 15:20 | 日本の聖地巡り | Comments(0)