毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

飲んでしまいました。というか、飲んでます。
何を飲んだかというと、自分のオシッコです~! 

テンプルを始めた頃、実践者だという知り合い二人から別々に「尿療法は、お勧めの健康法!」と大推薦をされたときも、10年ほど前、星野式ゲルソン療法の勉強会に参加して、尿療法がゲルソンと共に推薦されていたときにも、『オシッコ飲まないと健康にならないのなら、不健康でいいよ~』と、オシッコ飲むなんて、もうあり得ない~!とずっと抵抗をしていた健康法だったのですが・・・。

1週間前の土曜日の夜、何故かふと『生命の水~奇跡の尿療法』という本を手にとり、その勢いで、翌日曜日の朝、飲んでしまいました、自分のオシッコ・・・。


グルテンフリー(小麦なし食生活)を始めた時も、別に一大決心してやったわけではなく、それどころか、美味しい素麺をデパートでたくさん買いこんできたばかりだったというのに、なぜかふいに『グルテンフリーやってみよう』という気持ちになって、お気楽な感じでスタート。素麺が美味しい夏が終わる迄には、また普通の食生活に戻るハズだったのに、何故かそのままグルテンフリーが続いているという・・・。

私の場合、何ごとも一大決心しないほうがいいのかもしれません・・・。


とはいえ、コップに入れてみたものの、しばし逡巡。温かいままなのはやはり抵抗があったので、氷で冷やして飲んだんですが、たぶんコップを持ったまま、1分以上は固まってたと思います。

で、味ですが、意外なことに、これが薄いリンゴジュースみたいな味で美味しかったのです。

美味しかったんですが、しかし、飲んだあとの後味の悪さ(味ではなく精神的な)がしばらく残りました・・・・。飲んだあとの自分に『あ~、とうとう飲んじゃった』っていう、なんか悪事を働いた後のような、越えてはいけないラインを越えてしまって後戻りできない感のような・・・。

自分でも衝撃的な経験だったので、ハイパーテンションのまま思わず親しい友人にメールで報告。7人にメールして2名がすでに体験者。しかも1人は1年間続けていたことが判明して、さすが、私の周りには健康オタクが多いわと感心してしまいました。

私が聞いていた、というか講習会で教えられた方法は、朝一番のオシッコにコップ1杯飲む、というものでしたが、本場(?)の尿療法は想像を絶してました。あまりにビックリしたので、すぐにAmazonで尿療法バイブルを注文。そして翌日にはアマロリも注文して読み、3日連続で尿療法の本を読む日々になってしまいました・・・。

c0125114_1627744.jpg


1年間続けた友人によると、基本ベジタリアンの人の尿はフルーティで美味しいそう。思わず完全ベジタリアンのサンプラザ中野くんに「師匠のオシッコは美味しいハズです」とメールしてしまいました。

10日飲んだ感想としては・・・
2日目は子どもの頃に飲まされた漢方薬の味を思い出し、3日目はちょっと苦く、でもだいたいの日はリンゴジュース系って感じでした。
*肉食の人の尿は臭いしマズイと聞いています。本にも、尿療法を始めたかったら菜食になるよう勧めているのがありました。


飲んでる量も100mlくらいと少ないですし、いまだ氷で冷やさないと飲めないんですが、最初の日に感じた「越えてはいけないラインを越えてしまった感」はもう無いです。

このまま続けるかどうかは未定。

ただ1つ感じた効能としては、自分の食べたものがダイレクトに翌朝の自分の飲み物になるわけですから、自分が食べるもの、口に入れるものには、さらに注意を払うようになったかも。身体によく美味しい尿になるか、まずくて臭い尿になるかは自分次第。これまで見えてこなかったものが、匂いと味で分かるので、食事を変えるのが難しかった人には、いいモチベーションになるかもしれないですね。ただし、それ以前に、自分のオシッコが飲めるか、ということがありますが。

・・・なので、前日、ジャンクなものは食べず、いい食事だったなと思った翌朝は味を試したくなる・・・



*出始めと最後の尿は取らず、中程のものを・・とか、水やジュースで薄めないようにと書いているのもあれば、それより、飲むことのほうが大事と書かれている本もありました。量もスポイトで1滴、2滴からスタートして良いという本もありました。


昔、私に尿療法を教えてくれた友人は、最初ひどい湿疹が出たと言っていましたが、それは無いです。飲み始めに少し頭痛がしましたが、これが好転反応なのか、たまたまの頭痛なのかは不明です。

きっと、このブログを読まれている人は、私なんてもう何年も前からやってますよー、とか、やったことありますよーという方、多いんでしょうね。体験談あったら教えて下さい。

どれか1冊読みたい場合には、『アマロリ』がバランスいいかなと思います。『生命の水』は尿療法界の古典本。著者の患者さんの体験談が豊富です。『尿療法バイブル』は尿素について詳しく解説がされています。少し専門的かもしれません・・・。

尿療法の本の何に衝撃を受けたのかはあらためてブログに書きます。今の私にはできないけど、それやったら人間として変容が起きそう・・・。






by hiroshimapop | 2014-10-29 16:49 | ホリスティック・ボディケア | Comments(2)
Commented by カミーノ at 2014-10-30 15:30 x
初めまして。ブログやメルマガ読ませて頂いています。
尿って体に不要な物なのではないのですか。
飲むことでどういうメリットがあるのでしょうか。
本を読めばいいのでしょうが、教えて頂けるとありがたいです。
Commented by hiroshimapop at 2014-10-30 16:06
それは次のトピックでご紹介しますね~。