毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

いなくんとの魂旅
赤塚さんにご紹介していただいて以来、深いご縁が続いている、いな君と友人と3人で、先日、京都、大阪の神社、剣山を巡る旅に行ってきました。

今回の旅、次から次へと起こってくる出来事に、第六感の鈍い私は、ひたすら目を白黒、口あんぐりしていただけでしたが、この地球(少なくとも日本では)、人間の日常のすぐ横で全く別次元の世界が営まれており、それらに気づくことなく私達は生きているんだなと、その世界をちょっとだけ垣間見た2日間でした。

赤塚さんの今日のブログに、いな君のことを
『世のため、人のため、 そして自分のために走るいなくんは、疲れ知らずの天とつながるエネルギー体。つながれば、汲めど尽きぬ命の泉のごとく、エネルギーが溢れることをいなくんは示してくれます。いつも機嫌がいいことは、何よりもまわりを温かくします』と書かれていましたが、ホントにそう。

今回も早朝から夜遅くまで、車を運転し、神社を巡り、私達のセラピーをし、あれやこれやと降りてくるメッセージを解読し、私達の魂のギザギザとりのサポートをし・・・と、いなくんはずっと動きっぱなし。私と友人は、その隣で驚いたり、質問したり、キャハキャハ言ったりしているだけ。車の中では寝てられるし、休みもできましたが、いなくんは疲れた顔ひとつせず私達とのお喋りにつきあい、質問に答え、全く休むってことがないんですから、もう宇宙人としか思えませんでしたよ。

先日登った権現岳も、前日常滑から赤塚さんを乗せて長距離ドライブ。翌日は、早朝から往復13時間の登山。そして翌朝の名古屋であった講演会参加のために、そのまま休むことなく、またまた赤塚さんを乗せて常滑までドライブ。

実は、ばらしちゃうと、権現岳登山のあと、夜に名古屋で友達と会う約束をしていた赤塚さんは、とても約束の時間に間に合いそうにないことが分かってからは、口をとんがらがせてイライラしたり拗ねてみたり、電話で会社で仕事している奥様に八つ当たりしてみたり・・・。

その一方で、いなくんは、膝を悪くしたサンプラザさんに付き添い、ゆっくり下山。そして、先に下山してビール飲んで、友達に連絡ついてようやくホッとした赤塚さんに「すぐに名古屋に帰ろう」と促されて、そのまま車に赤塚さんを乗っけて愛知まで帰っていったんですから、並みの体力、気力ではありませぬ。私だったら長距離ドライブなのに、一人でビール飲んで、車の運転できなくした友人に怒っちゃうと思うけど。

やっぱり宇宙人だ。


私がいなくんと今、旅をしながら何に取り組んでいるかちょっと説明すると、自分たちの過去生に出会う(見つける)とともに、今生で魂に作ってしまったギザギザとり。赤ちゃんの頃から今の今までなので、けっこう長い、そしてかなりしんどい。

これまで自分で触れたくなくて、心の奥底に封印したり、蓋をしたり、隠してきたものを、いなくんが容赦なく、ズルズル引きずりだしてくれるので、ホントにきつい。いなくんの口から次々繰り出される魂のクレンジングのためのキーワードは決して心地よいものではないので、何度、友達に長い電話をして愚痴を聞いてもらったことか(ため息)。

でも、その甲斐あって、私の魂も少しずつバージョンアップしているそう。私が自分を守るために創りあげてきた固い殻と限界は少しずつ落ちてきているそうなので、あとは、手足を伸ばしてもっと自由に生きることを自分で許し、その環境に慣れていくことでしょうか?

前回と今回の旅で判明した、いなくんと私が一緒に生きた過去生は3つ。夫婦、兄弟、親子・・・。その、どれも過酷なものばかり。そしてどうやらこれからの人生も、平坦なものには決してなりそうにない。

このタイミングでいなくんに会ったのが私にとってのベストタイミングだということを信じて、明日からまた3日、今度は九州の旅に行ってきます。今度は、どんな旅になるのか・・・。ブログに書けないことが多いので、読んでいて隔靴掻痒って感じでしょうが、どうかご容赦を。私もまだ消化できてないことが多くて。。。
by hiroshimapop | 2014-09-26 19:46 | 世界は不思議に満ちている | Comments(0)