毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

小麦かWifiか・・・?
グルテンフリー生活に入ってあと少しで2年。旅行先以外では、小麦製品を食べることもなくなり、普段の食生活からパスタや麺類、パンは完全に「消えたメニュー」なりました。

昨年11月に書いた「小麦断ち食生活

キネシオロジスとの白木原雪乃さんも心臓手術(この時の出来事は雪乃さんのブログでお読み下さい)の後からすっかりグルテンフリー(小麦製品を食べると呼吸が苦しくなったことがあったので、なおさら・・・)。私の周りにもグルテンフリー仲間が少しずつ増殖中です。

グルテンフリーが実践できない多くの人は、実は実践する前に『私には無理』って思ってしまっている感じです。素麺とパンが大好きだった私が今はグルテンフリーなんですから、ご飯党の人はなおさら楽に実践できるんじゃないかな。

なんとなく体調が悪いという方は「1週間小麦を食べない」って決意して始めてみて下さい。いずれにしても、自分で決意しないと何事も始まらず・・・。

グルテンフリー生活になった皆さん、だいたい最初の1ヶ月くらいの山を越えればあとは大丈夫って感じです。だいたい1ヶ月間グルテンフリーを実践すると、あとは身体が食べない理由を教えてくれるので、そのうち、わざわざパスタを食べる理由が無くなってきます。


さて、そのグルテンフリー
グルテンフリー仲間の雪乃さんによると、雪乃さんが参加したセミナーでも、海外講師がグルテンフリーを強く推奨してんだとか。なんでも、この5年くらいで世界的にグルテンアレルギーが急激に増えているそうで、その要因の1つとして、ここ数年で家庭の中でも当たり前になったWifiの電波が関係しているのではないかと。

つまり単にグルテンだけの問題ではなく、いたるところに飛び交っているWifiとの相乗で、身体へのダメージが大きくなっている。

ということは、グルテンフリーが実践できない人は、せめてWifiを使う時間を少なくする。Wifiを使う人は、小麦製品を控える。そうすれば、片一方の影響は少なくできます。

例えば、
*Wifiスポットでは食事をしない(特にパスタなどの小麦製品は)
*寝るときにはWifiをOFFにする
*寝るときには携帯電話を出来るだけ離して置く


特に精神的に繊細な子供さんをお持ちの方は、Wifiは自宅では出来るだけ使わないほうが良さそうです。

便利にはなりましたが、私たちが健康でいるためには一人一人の努力が必要な時代になってます。

小麦 or Wifi  ですね。

私も自宅ではWifi使っているので、「出かける時(猫の健康のために)、寝る前にはスイッチを切って寝る」を実践しないと。しようと思っていつも忘れるので・・・。

Wifiの健康への影響については、検索すると色々出てきます。以下はその一部
必殺!寝てる間は絶対Wi-Fiはオフにしよう運動!
学校のWifiは安全?
無線LANやWifiの影響(Naverまとめ)


by hiroshimapop | 2014-05-18 21:34 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)