毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

海外ドラマ『TOUCH』
連続ドラマやシリーズものの本にはまってしまうと、家にいる間は、睡眠よりも家事よりも仕事よりも、そのドラマを追うことをついつい優先しがち。そのため長いシリーズものはできるだけ見ないように、読まないようにしているのに、知り合いから教えてもらった『TOUCH』・・・危険です。シーズン1を見終わるまで一気にいきそうです。

幸運だったのは、まだこのドラマ、シーズン1しかDVDになっていないこと。そのかわり、シーズン2がDVD化されるのをひたすら待つ、ということになってしまいますが、これからしばらくの間、毎夜毎夜、パソコンの前でこのドラマに浸ることになりそうです・・・。

それにしても、多くの人の心をとらえて離さない連続ドラマの脚本って、よく出来てます。私はドラマウオッチャーではないので、見ているドラマの数は少ないものの、人間のイマジネーション力ってすごい。全て人の頭の中から生まれているわけですから。

このドラマ、主人公は、数字で世界を見ている無言症の少年とその父親。現在、過去、未来の時間と人の動きを俯瞰できる能力のある少年は、数を使って意図的にシンクロニシティを起こしながら、心に傷を負った人々を癒やしていきます。

ドラマの制作総指揮をしているティム・クリング氏は『思っているよりも世界は小さい。僕に起きたことはあなたに影響を与え、そしてあなたに与えた影響が誰かに・・・。そういったテーマをもっと掘り下げてみたかったんだ』と語っていますが、それがこんなテレビドラマとなるとは。

『世界中の人々が互いに結びつき、人生が--潜在的に大きな影響を与えながら--交差するという、びっくりするような前提を元にしている』(シカゴ・サンタイムズ)


さて、ドラマはこれからどんな風に進んでいくのでしょうか。

シリーズ、ずっと続いてほしいような、見るの大変なので、早めに大団円を迎えてほしいような。

私は色んな人に勧められた『LOST』が全然ダメだったので、もしかしたら途中でギブアップしてしまうかもしれませんが、これまでのところ、滑り出しは順調です。


by hiroshimapop | 2014-02-27 08:30 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)