毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

森美智代さん講演会 in 横浜
青汁1杯(1日約50Kcal)の食生活をもう20年も続けている、日本の仙人の一人、森美智代さんの講演会が12月14日、横浜であります。


森美智代さん、実はテンプルのお客様の一人であり、以前、森さんを主人公にした『不食の時代』の上映会と森さんの講演会、テンプルでも企画させていただきました。森さん、めっちゃ可愛い女性でしたよ~(その時の様子はこちら)。


森さんの身体、1日1回、キッチリ、ちゃんとグラムを計って絞った、たった青汁1杯の食生活を続けているゆえ(?)、ギュッとハグしていただくと、マシュマロのようにふわふわしているんです。手もふわふわの柔やわです。

私は食べないから痩せているのに、森さんは食べないからふわふわボディ。あの柔らかさの秘密をぜひ解き明かしてほしい。

そして食べないからか、いっぱい不思議な体験もされているそうです。

講演会と映画上映とトークセッションいろいろあって、参加費2000円は破格です! ぜひご参加下さいね。


森美智代 講演会2013
「食べない」生き方 


人は、たった一日、たった一週間を生きることにも、とても意味があります。たとえ障害をもっていたり、病気で寝たきりであったとしても、生きていることは素晴らしい経験になります。クズのような人間なんて一人もいません。

苦しいことも、楽しいことも、みんな素晴らしい経験になるのですから、一瞬でも長く生きられるよう、自分でも努力していきましょう。生きているあいだには、少しでも楽しく生を謳歌してほしい――私はいつもそう願っています。 (森美智代著『「食べない」生き方』 エピローグ 愛を分かち合う喜び より)

森美智代(もり・みちよ)プロフィール
1962年、東京都生まれ。短大卒業後、養護教諭として大阪府で勤務中に難病の小脳脊髄変性症を発病。以来、西式甲田療法を実践し、5年かけてみごとに難病を克服。その後、鍼灸学校に入り、鍼灸師の免許を取得。現在、大阪府八尾市に「森鍼灸院」を開業。1日に約50kcalの食事(青汁150ccと少量のサプリメント)だけの生活を20年近く続けている。著書に『食べること、やめました』、町田宗鳳氏との共著に『「ありがとうを言う」と超健康になる』(共にマキノ出版刊)。映画『不食の時代』(白鳥哲監督)やドキュメンタリー映画『「食べること」で見えてくるもの』(サンマーク出版配給)に出演して話題となる。



2013年12月14日(土)
11時30分開場 12時30分開演 16時30分終演予定
場所:横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール

   〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央1-31-2 シークレイン内
(JR京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅 東口から徒歩2分

 京急本線「京急鶴見」駅 西口から徒歩2分)


◎ドキュメンタリー映像作品『「食べること」で見えてくるもの』上映
 出演:サトケン、秋田稲美、永山久夫、森美智代
◎トークセッション 森美智代+サトケン+鈴木七沖
◎ボディーケア・トーク「呼吸を使って体をケアしよう」講師:Maako
◎森美智代 講演「食べない」生き方

参加費:2000円(税込)


お申込はこちらから
by hiroshimapop | 2013-10-27 18:16 | セミナー・舞台情報 | Comments(0)