毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

木曜日は、重ね煮教室でした
今週木曜、我が家のダイニングテーブルを使って、重ね煮教室を開催してました。講師は、岡山「わら」からいらした船越耕太さん、山室顕規さんのお二人。とっても若いイケメンシェフです。

重ね煮の作り方はとっても簡単。本を読んだり、人に作り方を聞けば、すぐに自分で作れるものなんですが、材料と作り方がシンプルなだけに、実はとっても奥が深い。

主婦歴の長い方も、料理学校の先生をしている人も、まな板に向かうときの立ち方、包丁の持ち方、野菜の切り方、料理をするときの気持ち、もろもろ、1から全部やり直しって感じです。

シイタケ、ニンジン、タマネギといういつも使っている材料が鍋の中で調和して、蓋を開ければ、心や身体に活力をくれる不思議な一品に変身。同じこの3つの材料を使っても、切り方、入れる順番、料理のときの心持ちで、全く違った料理になるんだとか。実際、教わったとおりに野菜を切ろうとすると、考え事をしながらでは切れませんね。重ね煮を習った勢いで包丁まで新しくした友人は、野菜を切っている時間は半ば瞑想状態になってるって言ってました。

テーブルの関係で定員はたった10名の料理教室。その10名のために、講師のお二人は、朝8時に到着して仕込みをし、お帰りになったのは夕方5時すぎ。心にずんと来るお話を聞いて、野菜と向き合いながら調理して、そして美味しい重ね煮料理をたっぷり味わい・・・。ホント、贅沢な1日でした・・・。

重ね煮を作ってみたい方は、1冊まるまる重ね煮の本はこちら。

次回の開催は未定ですが、タイミングがあえば次回は是非!


                    仕込み中。立ち姿に注目!
c0125114_11374660.jpg

                みんなうまく立っているでしょうか?
c0125114_1138627.jpg

                 シイタケ、タマネギ、ニンジンを重ねて
c0125114_11381765.jpg

                        約40分後・・・・
c0125114_11382734.jpg

            火にかける前にみんなで言葉がけと思いを注入!
c0125114_11384133.jpg

                     楽しい試食!
c0125114_11391820.jpg

                  重ね煮の料理本、たくさん出てます
c0125114_11385254.jpg

                  その頃、福ちゃんは夢のなか・・・
c0125114_11393537.jpg


ちなみに、前回も今回も、重度の猫アレルギーの方のご参加があったんですが、前回、今回の方ともアレルギー症状は出ず! 料理教室の間中、2匹の猫たちが縦横無尽に走り回っていたんですが・・・。前回ご参加の方は、嬉しさのあまり、猫を触りまくってお帰りになりました。それも不思議です。
by hiroshimapop | 2013-07-20 12:12 | 食事が身体をつくる | Comments(2)
Commented by 日本三毛猫 at 2013-07-24 16:25 x
 猫アレルギーの方たちですが、家に帰られてからはもとに戻られてしまったのでしょうか?
 それにしても、光田さん方の猫ちゃん達が特別なのか、重ね煮になんらかの威力があるのか-だとしたら、「わら」では動物アレルギー無縁?-、不思議ですね。光田さんのおうちは、へんにケミカルな要素は少ないのは確かだと思いますが、そのせいもあるのかもしれませんね。
Commented by みつだ at 2013-07-24 23:20 x
重ね煮の時以外でも、猫アレルギーの方何名かいらっしゃいましたが、アレルギー症状に苦しまれた方、そういえば記憶にないですね。家猫だからでしょうか?あるサイトに、猫アレルギー防止に月に1度はシャンプーするようにとあったんですが、我が家の猫たちはうちにきて1度も洗ったことないんです(あまりの抵抗の大きさに断念した)。洗わない+家にいる、というのがいいのかなぁなんて思っているんですが、どうでしょう?