毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

『スピリチュアル・ウォーカー』~5000年後の世界
翻訳本が出版されたのが1996年で、すでに版元で品切れなんですが、ハンク・ウエルスマンの『スピリチュアル・ウォーカー(現在改題スピリットウオーカー)』、このGWにはまってました。

先日ハワイ島の菅原真樹さんにお会いしたことだし、このGWは、高島ヤス先生が監修された『ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵』を読もうかな~とamazonを開けたら、ついでに紹介されていたのが、この本。出版された当時、話題になった本らしいんですが、私は全然知りませんでした。

どんな本か全く予備知識なく読み進めたら、これが奇想天外。え~!?というお話なのに、人類学者でもある著者が実際に経験したことだと書かれている。

ヤス先生のブログ
にも紹介されていたので引用させていただくと・・・
1994年の夏のある日、深夜ハワイの自宅の寝室で妻と休もうとしていたとき、心臓の鼓動が頭の中で鳴り響いたかと思うと、いきなり鼓動が止まったのだ。するとウェセルマンは、自分の体を抜け出て別の人間の体に入ったのに気づいた。それとともに、ハワイの自宅とはまったく異なる環境にいるのが分かった。それは、自意識が二つあるような状態だという。向こう側の世界にいる別の人物の意識があるが、それをウェセルマンの意識が客観的に観察しているというような状態だ。

ウェセルマンが成り代わった相手は20代後半の屈強なハワイ原住民の青年だった。彼の名前はナイノアといった。ナイノアは、自分が所属する部族から、この部族にはまだ未知の土地の探索を命じられ、長期間の旅に出た。そこは、熱帯雨林の原生林に覆われた土地だった。

これ以来、ウェセルマンは幾度となくナイノアになり、彼の世界を体験した。体験は、たいてい寝る前になんの予告もなくいきなりやってきたという。そして、ナイノアとして熱帯雨林のジャングルを探検するうちに、ナイノアが「偉大な時代」と呼ぶ大昔の過去の時代があったことを知った。それは249世代前、つまり約4900年前であった。ナイノアの探検している熱帯雨林のジャングルにはときおり、巨大なビルの残骸のようなものが見られた。

そこは、4900年後のカリフォルニアであった。現在のカリフォルニアのかなりの部分は水没しており、ところどころに陸地が残っているような状態だった。


5000年後の地球(あるいはハワイやアメリカ)は、いま私たちが享受している文明社会は崩壊し、私たちがイメージする原始時代そのものの社会になっていました。ビルも工場も車も飛行機もコンピュータも、すべて灰じんに化しています。

いまの社会が機能しなくなったとき、起こるであろうことについてハンクさんはこう書いています。

『食糧と水を入手する手段が生存を可能にする決定的な要因となる。買いだめは避けられない運命をあとに延ばすことにしかなるまい。命の糧をすべて土地と海から得ることができる人々だけが生き残るだろう。

(中略) 

人間社会のその他の職業ーー政治家、ビジネスマン、銀行家、法律家、不動産業者、商人といったものはーーたちまち意味も値打ちもなくなるだろう。食糧だけが、そしてそれを生み出す知識と技術と能力を備えた者たちが価値を持つようになる。機械やガソリンを燃料とする船に頼らず、伝統的な方法で生活の糧を得られる人々だけが生き残ることになる・・・』



・・・そして、大洪水と地震が発生した数世代後には、人類の淘汰が起こり、海と土地から命の糧を得ることのできたポリネシアの人々が生き残った・・・。

文明は崩壊しても、人間の霊的進化は続く・・・・。

『人類は別のものになるように運命づけられていて、これもまた原型の一環だった。文明の滅亡を生き延びた者たちは指令に従って成長し、変化し、増大していくが、それはもう機械もハイテクもないまさに新石器時代を思わせる未来でのことになるだろう。人類は繁栄し、多様化し、およそありとあらゆる種類と様相の形而下的な経験を実現し続けるだろう。人間の肉体ー心ー霊魂は境界域に達するまで進化し続けるであろう。

その上で形而下的なレヴェルの現実を越えて、人間は純粋にアウマクアとして、霊魂として、大宇宙の中の小宇宙として存在するため最終的な変換をとげるだろう。その段階では人間は光となり、過去においても未来においても常にそれを一要素として含みこむ創造者、天にいる父、トンネルの向こうにある光、すなわち太陽と再結合するだろう』



二段抜きの読み応えある分量ですが、中身がとにかく面白く、一気に読みました。まだざっくりストーリーを追っただけなので、時間のある時にでも、じっくりまた再読したいくらいです。

図書館や中古で入手できたら是非!  

私は次なる本『ハワイの長老が語り伝える先住民族の聖なる知恵』に行きます!


by hiroshimapop | 2013-05-05 21:32 | おススメBOOKS | Comments(0)