毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

クンダリーニ・ヨガとの出逢いも『21の世界』
アメリカから帰国後、夜中の1時に寝て3時に起きる、2時に寝て5時に起きるっていう時差ボケの日々。このまま短い睡眠時間で早起き生活が習慣づくといいんですが、そうならないのが私なんだな~。

超短の睡眠時間が続いていたのと、お腹いっぱいのランチで、昨日の午後は、突然頭がくらくらしはじめ、会社を早退。なんと、夕方5時~明け方4時まで11時間寝てしまいました。

さすがに11時間は寝過ぎです・・・。


昨日スタッフミーティングがあり、先のオーカス島へのツアー報告をしました。タロットカードの『21の世界』が示していものは何か・・?みんな興味しんしん。

今回は、オーカス島、シアトル、サンフランシスコ、シャスタと4カ所に滞在したんですが、どこに行ったことよりも、人との出逢いやご縁が『21の世界』を顕していたような。

・スーザン・オズボーンさんは歌声だけではなく、やはりあの身体の大きさに比例した懐の深さや癒しのエネルギーは素晴らしかったし、
・旅を企画・コーディネイトされたYuko Gowerさんは、佐藤初女さんからサンフランシスコいすきあを任されていらっしゃるほか、様々な講師とのご縁がある、とても心の温かいやさしい方でしたし、
・スーザンのワークの通訳とヨガを担当して下さった桐島ノエルさんはとてもチャーミングな女性でしたし・・・。

    初女さん直伝のおにぎり。これに四角く切った海苔を2枚かぶせます。
c0125114_16315794.jpg


特に桐島ノエルさんが教えて下さったクンダリーニヨガもかなり気に入りました! 運動音痴の私が気に入ったんですから、我ながら画期的な出来事です。どういいのか言語化できませんが、これは私に必要なヨガだぞという感覚があります。

ヨガというと、アクロバティックな姿勢を維持するイメージがあり、身体の硬い私は、ヨガのクラスが始まる前から及び腰だったんですが、私がイメージしていたヨガとは全然違ってました。

このサイトからの引用ですが
欧米諸国ではクンダリーニ・ヨーガは別名マザー・ヨーガとも呼ばれています.つまり全てのヨーガの基となった母なるヨーガという意味です.クンダリーニ・ヨーガの技法が膨大なのも全てのヨーガの要素を含んでいるからなのです.技術が体系化されたのは今から,4000-5000年前といわれています.

クンダリーニ・ヨーガは他のヨーガや東洋の技法に比べてエネルギーの覚醒速度が格段に速いことで知られています.ハタ・ヨーガで熟練の域に達するのに15年程かかるところ,クンダリーニ・ヨーガでは3年~5年でほぼ同じレベルに達します.

その理由として,火の呼吸と呼ばれる特殊な呼吸法,バンダ(エネルギーに圧力をかける技法),意念(特定部位への集中),マントラ(音による刺激)などを同時に行い,多角的に刺激を与えていくからです.これがクンダリーニ・ヨーガが数あるヨーガの中で最もパワフルなものであるといわれている所以なのです.

(中略)

それは,ダイナミックで覚醒を促すためのパワフルなツールです.エクササイズ,呼吸法,メディテーションによって一体化された正伝のシステムは,インドで数千年前から行われており,安全で包括的でシンプルなものです.クンダリーニ・ヨーガは健康を増進し,潜在能力を引き出し,人間の最も奥深い存在に触れていきます.

クンダリーニ・ヨーガは家族を守る立場にあり,日々困難な挑戦とプレッシャーを強いられる仕事についている人たちのためのヨーガといえます.そしてその修行には場所を選びません.立派な寺院や綺麗な施設で行う必要性は全くありませんし,山にこもる必要もありません.自分の身ひとつでそれが立派な寺院となるのです.

会社のデスクで1日たった3分のメディテーションやクンダリーニ・ヨーガのポーズでのストレッチだけで十分その恩恵が受けられるのです.全ての技術と知恵はヨギ・バジャン師による膨大な経験と熟練された知識によるものです.そして,効果が非常に高く,包括的で行いやすいという理由から師はクンダリーニ・ヨーガを採用しています.


ヨガ初心者なので、何をやったか、自宅に戻ってさっぱり再現できないのが残念。仕方がないのでDVDを注文しました。

友人の一人は寝る前必ず30分はストレッチをしてましたが、そんな時間があればすぐに寝たい私なので、果たして一人でもくもくとヨガができるかどうか自分でも自信は全くないですが、DVDの到着、楽しみ!

ノエルさん、定期的に日本で教えていらっしゃいます。オーカス島に行った感想がノエルさんのヨガが良かったというのは、ちょっとずれちゃってますが、無理矢理オーカス島でのプログラムにでも入ってないと、日本にいる限り、絶対クンダリーニヨガに興味をもったり出逢ったりはしないと思うので、これも神様の遠大なプランニングの1つなのでしょう。

ノエルさん、4月末から来日して各地でまたヨガ教室を開催されるそう。東京での日程が合えばいいんですが、合わなかったらどこか地方開催分にでも参加しようかなと思ってます。
*スケジュールが分かったらまたブログでご紹介します。

    一番最後は、直径1mから響くドラの音を聞きながら瞑想でした
c0125114_16112831.jpg

by hiroshimapop | 2013-04-02 16:36 | ホリスティック・ボディケア | Comments(0)