毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

シェフはベジ料理を知らない
先日の静岡のセミナー合宿。

食事付きだったので、事前に主催者さんに「肉は食べないので出来たらベジタリアンでお願いします」とメールし、大丈夫ですよというお返事をいただいてました。セミナー当日「魚もダメですか?」と聞かれたので、「出たら食べますが・・・」という消極的にOKしておりました・・・。

さて、その夜の食事。会場は地元の評判の居酒屋。料理はおまかせ。
再度、主催者の方がお店の人に確認して「大丈夫そうですよ」なんて言われていたんですが・・・

なんとなんと、6品くらい出てきたメニューのうち、4品が肉~!チキンに豚に牛にとフル展開。あと2品は魚のカルパッチョとポーチドエッグ!せっかくサラダが出たのに、担々麺みたいに挽肉がどっさり~。固まり肉だったら除けて食べることもできるけど、野菜全体にからまってしまうと私には全然ダメ! 

結局、私のために別に頼んで下さったバーニャカウダー(これも結局アンチョビソースですが・・・)の野菜以外、出てきたメニューは全部動物性のものばかり~。多少は口にはできましたが、ここに完全ビーガンのサンプラザ中野くんがいたら断食ですわ。


そして翌日のランチ。
ホテルの中の鉄板焼きレストラン。皆さんのメニューは分厚いサーロインステーキ。代わりに私はタイの切り身を焼いて下さいました・・・。

・・が・・・・、シェフの方、サーロインステーキのすぐ隣で魚を焼き始めてしまい・・・。
きゃー、ステーキの脂が魚にうつる~!

チャーハンに入ってる挽肉を1つ1つ他に除けて食べるほど肉がダメな私にとって、ステーキの脂の味のする魚は、たとえ魚でも無理なんです~。

ということで、「すみません、魚は肉の脂が飛び散らないところで焼いて下さい」とお願いして事なきを得ました。当然サーロインからしみ出た脂でソテーしたモヤシも口に入りません・・・!


話はさかのぼり、6年ほど前、テンプルの10周年記念を青山の某レストランを貸し切って行ったんですが、そのときのメニューがひどかった。2ヶ月ほど前から数名分はベジタリアン料理でとお願いしていたにもかかわらず、ベジ用に出てきたメインディッシュはポーチドエッグ! ありえ~ん! なんで他の人のメインディッシュがサーロインステーキで、ベジがポーチドエッグなわけ? それとも、あれは烏骨鶏の中でも幻と言われるような烏骨鶏卵・・・? 

確かに卵はOK食材にしていたんですが、結局、シェフは料理を知らないんですね。2ヶ月もあったんだから勉強しておいてよ、と言ってもすでに遅し。子供用の料理はエビフライだったし・・・。東京でも有名店だったんですが、あまりにお粗末なメニュー構成に絶句でありました。


それでも最近は都心ではベジタリアン率も高くなり、玄米菜食以外のベジ料理も増えてきたので嬉しい限り。地方にいくと、完全ベジを外食で実践するのは少々難しいこともありますが、シェフの皆さんが、美味しい野菜料理をもっと勉強して下さると、野菜食人口、もっと増えると思うんですけどね。

そしたら病人も減ると思うし・・・。
by hiroshimapop | 2012-11-17 16:50 | 食事が身体をつくる | Comments(0)