毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

キャラメルボックスの「アルジャーノンに花束を」
都心に住んでいる数少ないメリットの1つが、生の舞台が毎日どこかで上演されていることだと思っているくらいなんですが、さすがに3.11以降、舞台を見に行く回数はめっきり減ってしまいました。

私たちが舞台チケットを購入して会場に足を運ぶことで、舞台俳優さんや舞台を作っている関係者さんをサポートすることになるとは思うものの、2~3ヶ月後、半年後のチケットを購入するには先の予定が流動的なことと、気軽に行く気持ちがなかなか起こらないこともあって、昨年、観劇に行ったのは震災以前の半分くらい。今年はさらに回数が少なくなってしまっています。

そんな私も、7月のキャラメルボックスの公演「アルジャーノンに花束を」は見に行こうと思っている作品の1つ。まずキャラメルボックス自体が好きなことと、成井豊さんの脚本が好きなこと。そしてなにより原作がアルジャーノンですから、これは見に行きたくもなってしまいます。

ということで、7月21日(土)~8月12日(日)のアルジャーノンの公演に行きませんか?
公演のタイムテーブルや空席状況はこちらでチェックしてください。場所は池袋のサンシャイン劇場です。

実は、私はキャラメルボックスのサポーターにもなっているので、6500円の一般料金が5800円でチケットが購入できます。このブログを読まれた方で、アルジャーノン、行きたいっていう方は、ぜひご連絡ください。追って、特別料金で行ける秘密のアドレスとパスワードをお知らせしますので、ご自身でチケット予約をして、特別価格での観劇が可能になります(チケット代は当日引渡し。料金も受付でお支払いください)。

コメント欄に非公開通知扱いで、お名前、お電話番号、メールアドレスをお知らせください。折り返し、そのアドレスをお知らせします。ただし、当日のドタキャンは無しにしてくださいね。

私は7月25日(水)の夜の公演に行く予定ですが、それ以外の公演でも大丈夫ですよ~。


アルジャーノンに花束を」を読んだことがない方は、オススメ!切ないお話です。

こんな物語です・・・。
32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、全世界が涙した現代の聖書(バイブル)。

by hiroshimapop | 2012-06-26 15:14 | セミナー・舞台情報 | Comments(3)
Commented by angel at 2012-06-30 01:47 x
私も8月に観劇予定です。
広くてすてきな宇宙じゃないかは観劇予定ですか?
キャラメルボックス関連では、樹海という舞台も楽しみにしています。
このお芝居は10月なので…チケットの予約に躊躇しました…。
昨年の地震で行く予定だったキャラメルのお芝居に行けず、残念な気持ちが今も残っています。
最近は、どんなお芝居を見ていても、お芝居中に地震がありませんように…と思ってしまいます…。
Commented at 2012-06-30 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-01 11:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。