毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

健康な血液の鍵は水です
デトックスプログラムが無事終了し、今日からレストランの食事が存分に食べられる残り2日間。やはり体重が落ちてしまった感じなので、少しでも体重を戻して帰ります。


・・・その前にと受けた2度目の血液検査。

さぞやサラサラの健康血液になっているだろうと期待して受けたのに、なんとブラウン管に映し出された私の血液は相変わらずのダマダマ。いくつもの赤血球がくっついて芋虫みたいになっている。

「え~。ジュースだけの日を続けたのに、なぜにこんな結果に・・・・」と愕然。

最初に受けた時とは違う方がコンサルをして下さったんですが、一言「水が足りません」

うーん、水ですか。たしかに昨日まではジュースをたくさん飲みましたが、考えてみたら、今朝、起きたあとは、ほとんど水は飲んでませんね。起き抜けに飲むハズだったサプリも飲み忘れてました。朝食のときハーブティは1カップ飲みましたがそれでは足りないようで・・・。

昨日までどんなにたくさん水分を摂っていても、起きているときに、こまめに摂取してなかったら、血液はすぐにダマダマになってしまうものなんですね。


グッドニュースはいくつか。

私はタンパク質の分解力が弱いようで、血液中に尿酸の結晶がいくつか見られましたが、それは消えてました。4日間、動物性のものは全く口にしてないし、植物性のものも、今朝シリアルにかかっていた少量の豆乳だけですし。

リンパの流れの悪さも改善。これは毎日ギューギュー伸し餅みたいに強いマッサージを受けたんですから、改善してなかったら途方に暮れます。腸の毒素排泄もほぼ完了。まだ多少はあるものの、かなりキレイになったそうです。


・・・しかし最初に指摘された血中の尿酸結晶(タンパク質がうまく消化、分解できない結果できるもの)。これはマズイです。帰国後の食生活を考えなおさらにといけない。私は全く肉を食べないのに加え、年末忙しかったので、ミカンやリンゴでお腹を満たすことが多く、植物性の豆腐や納豆も、その数日前にほんの少し食べただけ。

動物性のタンパク質も、うーんと考えて思い当たったのは、血液検査の2日前に昼食で食べた少しのエビ(パスタに入っていた)と、3日前に食べた卵1ヶ(おでんを一皿食べた)くらい。

ですから極限といってもいいくらいタンパク質量が少なかったハズなのに、まだ分解されてない、といわれると「これ以上どうすれば・・・?」状態です。

もちろん野菜や果物、パスタなど、全ての食品にもタンパク質は含まれているので、大豆製品だけが植物性タンパク質ではないんですが、大豆製品、卵、エビのどれであっても口にして2日も3日もたっているわけで・・・。

エドガー・ケイシーは消化不良を起こさないよう、動物性タンパク質と炭水化物(ゴハンやパン、麺類など)を一緒に食べることを禁じています。ですから普段の食事では気をつけていたんですが、外食となると、そうもいかないことが多く、ちょっとのエビ、ちょっとの卵くらい大丈夫でしょう、と食べてました。が、やはりこの組み合わせは消化しにくいんですね(さすが、ケイシーとあらためて実感)。
※エビ、カニ、貝類はもともと消化するのに時間がかかる食品だと言われてます。

タンパク質をちゃんと分解できる人は牛丼を食べようが、天丼を食べようが、分解できるのかもしれませんが、私は「分解する力が弱い」ということが今回分かったので、これからはマジで気をつけなければと思います。1回目のドクターには大豆製品も気をつけるように言われたので、発酵していない大豆製品(豆腐、豆乳)はしばらくカット、消化酵素系のサプリも摂るようにします!


また、赤血球の形がちょっと歪んでいたり、色が薄かったり・・・というのも見つかりました。実は、年末エイトスターダイヤモンドの田村さんから届いたメルマガが、タイムリーなことに同じ内容で、私は田村さんのメルマガを読んでなかったら、いったい彼が何を言っているのかさっぱり理解できなかったかも。どうやら田村さんも私と同じタンパク質の分解が弱く、体内の水分が不足ぎみのタイプらしいです。

以下田村さんのメルマガの抜粋
「田村さんの赤血球は不揃いです。
本来健康な赤血球は、丸さも大きさも揃っています。
針千本のような形で小さくなったのは、自ら水分を捨ててしまっている証拠です。
これは、脱水症状なんです。

血中の水分を絶えず同じに保つ恒常性への赤血球の反応。
赤血球の自発的な行動です。血液が汚れると、小水で出そうとします。
汚れているのに、水が充分補充されない。出せないから、赤血球から出す。
キレイになったら、おしっこの回数が減ります。

だからキレイな水、水分ではなく、水そのものが必要なのです。
酒類や飲料水では、理に適わないのです」。

キレイな水で、キレイな血液に……、か。

歪になった赤血球の形から、導き出した人体の恒常性。


私は自分がトイレが違いとは感じていなかったんですが、トイレが近いと感じるときは実は水分不足の可能性あり、ということが理解できました。

いずれにしても、鍵は水ですね。水分ではなく・・・・。

c0125114_18444417.jpg

by hiroshimapop | 2012-01-02 19:07 | ただいま海外で体験中! | Comments(0)