毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

森井啓二先生(動物のお医者さん)
高野山のあと、風邪はひく、カナダからマークは来る、キネシオロジーの講座はある。合間にいろいろミーティングが入る・・・と、毎日がビュンビュンと過ぎていく日々。

そして今日、ホメオパシーの本もたくさん書かれている獣医の森井啓二先生のインタビューでようやく一息ついた感じです。


森井啓二先生とは、以前、日本エドガー・ケイシーセンターで仕事をしていた頃からのお知り合い。直接お会いしたことはなかったものの、いくつか翻訳をお願いしたことがあり、英語の堪能な獣医さんということでずっと記憶に残っていました。

それが、ツイッターがキッカケでご縁が復活。森井先生のツイッターでは、いつも世界の最新情報がアップされるので、森井先生のおかげで私は世界各地で起こっている地震や火山噴火などを知ることができていると言っても過言ではありません・・・。


今回のインタビューは、テンプルのWEBで連載をはじめた「21世紀に生きるケイシーの教え」シリーズに掲載させていただくためのもの。

第一回の小田さんのインタビューもそうでしたが、今回まででお会いした4人の方、どの方のお話も圧倒されっぱなし。

毎回、帰路につく間じゅう、こんなグウタラではいかん!もっとちゃんとせねば、と大反省するも、すぐにモトの黙阿弥。「明日こそ」と思って眠りにつくも、目が醒めれば「今日じゃなくて明日から・・・」という、いつもの自分に戻ってしまっているんですから我ながら情けない。


森井先生の勉強量は半端ではなかったです。森井先生が書かれたホメオパシーの本は、人間のホメオパシードクター渡辺順二先生が絶賛されていたので、つい、私も買ってしまったんですが、これが到着してみれば、700ページ以上もある超大作。しかもそれでも基礎編。

あとどれだけ森井先生の引き出しには、ホメオパシーの経験と見識があるんだ?と疑問に思ってましたが、そのなぞは今日解明。私では想像もつかないほど、途方もないレベルであることが分かりました。今も大量の論文に目を通すことはもちろん、以前は、英語の参考書はもとより、アフリカの植物の勉強をするためにフランス語でも文献を読まれていた時期もあったそうですから。

ホントはインタビューは先月の予定だったものの、それが緊急のオペが2件も入って流れたほど日々、多忙を極めている獣医の仕事のあとで、誰に頼まれたわけでもなく、締め切りがあるわけでもなく、ただ純粋に、ホメオパシーを学ぶ後輩方のために、今日もご自身の学びを続けられているわけですから、私は森井先生の爪のアカを1年分くらいの頓服にしてもらって飲み続けないと、とてもいまのグウタラは治りそうにもありませぬ。

ほかにも、数行ではとても説明不能な様々な「見えない世界」との繋がりのお話もあり、単に英語が堪能で、ホメオパシーにもお詳しい獣医さんというレベルを遙か超えた、見えない世界と現実の世界を行ったり来たりという、別世界のお話もたくさん伺ってきました。

ニコさんと福ちゃん、いまは元気だからいいけど、年をとって病院通いが始まったら、森井先生のクリニックの近くに引っ越したくなりそう・・・。


インタビュー記事のアップ、楽しみにしてて下さい。
by hiroshimapop | 2011-11-21 23:48 | 私が出会ったすごい人 | Comments(0)