毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

断捨離~片づけからはじまる自分改革 in 横浜 7/23-24
まずは昨年11月に開催した「断捨離」セミナーの参加者の声。

「セミナーに参加して本を読んだだけでは展開できない考え方を教えていただき、学校でお勉強をした充実感が大きかったです。参加者さんの声が聞けたことも含め、自分と似ている人がいたり、まるで違っていたり、全部聞き逃せなかったです。
やましたさんの声を知ったことで、本の文章もやましたさんの声で胸に聞こえてきて、とても力強くなりました。
今日は結婚記念日で夫がセミナー代をプレゼントで出してくれました。同じ船の乗組員のような気持ちで暮らしているので家の代表として学べて楽しかったです。とにかく行動してみます」あっこちゃん(静岡県 40代)

「今回も貴重なセミナーに参加できて大変幸せに思います。前回東京でのセミナーのあと、保冷剤を50個近く捨てたことを手始めに、ゴミ袋10個近く処分。リサイクルショップにも3回通って今回のセミナー代半分位は回収できました!やっとノッてきた感じがして毎日少しずつカメのようなペースではありますが、「今の自分」を呪文のようにとなえながら、断捨離を楽しく続けています。
なんだか運もツイてきたみたいですが、まだまだヘドロの中でアップアップおぼれている状態なので一刻でも早く澄んだ水と空気をとりもどしたいと思っています。
この断捨離に出会えた幸福に感謝します。セミナーは3回で卒業ということですね。あと一回。またきっとどこかに参加させていただいてネジをしっかり巻いていただきたいと思います」 ヨシコちゃん(神奈川県)

「本やブログではわかりきれなかったこと。やましたさんの思いが大きなパワーでとても心に響きました。すべては繋がっているのですね。小手先のやりくりではダメなことは分かっていましたが、どうにも動けないままの自分。面倒だし私には無理だしと。仕組みをわかりやすく楽しく講義していただき誰にでもできるのだとわかりました。勇気と行動、居直りも必要ですね。できることから始めてみます。楽しんで」ユウさん(神奈川県 40代)

「モノとの関係以前に、自分との向き合い方が分かったような気になりました。自分自身のことが分からないままではどの方向にも進めないということですよね。今、これからの仕事ややりたいことに迷い悩んでいたので、それらについても自分軸でじっくり考えてみようかと思えました。
これから一歩が踏み出せそうです。断捨離は一度では終わらず、何度も迷い悩みながら進めていくもので、自分の人生もその通りだと思います。たくさん悩んでいきたいと思いました。Let‘s断捨離♪ 今動き出したくて
ワクワクドキドキしています。これからの自分が楽しみになりました」えりりんさん(東京都)

「これまでいかいに他人軸で行動していたかを痛感しました。今日から少しずつですが自分軸に修正していきたいと思います。2日間通して感じたことですが、いつの間にか自分の心で感じる、自分の頭で考える、自分を信じることができなくなっていたのだ、と気づきました。要・不要の判断もつかなくなった結果が現在の部屋の状況だと思います。
自分のダイナミックな心の動き、感情を断捨離を通して取り戻し、ハッピーでごきげんな自分に変わっているプロセスを楽しみたいと思います。めげず、いじけず、くじけず、気長にがんばります」仙さん(東京都)

「家族の方の捨てないことに困っている方が多かった中、私は真逆で、散らかしても買いすぎても許してくれる(怒らない)優しすぎる主人に甘んじて、ここまで来てしまいました。悪いクセは私で断ちたいと思います。娘はダンシャリアンであってほしいと思います。(変化した母の背中を見てくれれば、と思っています)」匿名希望さん



いま本屋に行けばどこでも平積みになっているお片づけ本の数々。
その中でもやましたひでこさんの「断捨離」は、部屋をスッキリ片づけるという枠を超え、部屋を片づけながら、同時に自分の人生を見直す「人生見直し本」として多くの雑誌、テレビでも取り上げられています。

テンプルのスタッフの間でも、昨年春は、一大断捨離ブームが巻き起こりました。


こちらのWEBページこちら、断捨離がテーマなんですが、必読です!面白い! 

読者の体験に「友人が、持ち物の8割を捨てたとたんに彼ができて結婚したから自分も・・・」というのがありました。部屋を片づけると変わり始める「何か」があるようなんですよ。部屋を片づける過程は、まさに自分自身を再発見する時間でもあります。


それにしても・・・・。
なんで、私たちはこんなに部屋の片づけがヘタな人が多いんでしょうね。

実はいま私は引っ越し荷物の片づけ中。先週、人生何度目かの引っ越しをし、毎日、段ボールに詰め込まれたモノたちを新居の棚におさめる日々を過ごしています。

これまでマークの風水講座、やましたさんの断捨離講座と、テンプルでも一番多く、この手の「お片づけ・風水講座」に参加しているわたし。

ですから過去、講座に参加するたびに、やましたさんの本を読むたびに、部屋の片づけ、モノと自分との関係を見直してきました。かなり大量にいろんなものを処分したこともあります。

ところがあらためて引っ越し荷物と取り組んでみると、まだまだあるんですよね~。
前回の引っ越し以来、ほとんど陽の目を浴びることがなかったものや、購入後、数回しか袖を通していない衣類などなど。

マイブームのように突発的に片づけ――「捨」はしていても、新しいモノたちがどんどんまた家の中に入ってきてしまってました。私も通販大好き人間ですから、真夜中のお買い物で、何度も衝動買いをしてますし~。 
つまり「断」(必要以上にモノを家に持ち込まない)と「離」(モノへの執着を捨てる)が出来ていないんですね。


ちなみに、我が家で断捨離が完了していると思えるのは寝具類とお客様用のもの一式。
断言してしまいますが、我が家にお客様用のふとん、お客様用の食器はありません。お客様用にと思っていた食器は自分用にし、お客様用だった布団一式を処分。

数年前、冬場でもあのぶ厚い布団がなくても、竹布の毛布やタオルケットを重ねれば朝まで快適に眠れることが分かり、自分用の「綿の入ったお布団」が不要になりました。そのとき、年に数回使うか使わないかだったお客様用布団も一緒に処分。

保管にある程度のスペースが必要な敷き布団、掛け布団がなくなったことで、残りの寝具は、都心の小さなクローゼットのスペースでも十分こと足りるように。

遠方からの友人は、寝袋で良いといえばお泊めできるし、寝袋は・・・という友人には、私の支払いで近くのホテルをとってあげれば双方まるくおさまります。

1年のうち数日しか使わないものがクローゼットを占領しているのって、やはりもったいないですから。

田舎の大きなお家では、たくさんのお客様用お布団を押し入れに入れることが可能でしょうが、都心の賃貸マンションには、そもそも押し入れがないところも多いのです。

小さなクローゼットで布団の収納に苦労されている方がいらっしゃったら、自分用、お客様用とも、お布団の断捨離、おすすめです。


やましたさん、年内、週末のスケジュールは全て埋まっているそうで、今年テンプルで、やましたさんのセミナーを開催できるのはこの7月のみ。

人生を良い方向に向けたい、変えたい、違う動き、違う流れにしたい。でもどうしたらいいのか分からない・・・という方。

人生に変化を起こしたかったら、お部屋の断捨離が近道かもしれません。
ぜひこの機会をお見逃しなきよう!


断捨離~片づけからはじまる自分改革
講師:やましたひでこさん

日時:2011年7月23日(土)24日(日)の2日間連続講座
  
    7月23日(土)14時00分~18時00分(開場13時30分)
       24日(日)10時00分~17時30分(開場9時30分)
場所:横浜 関内駅徒歩5分 マツムラガーデンホール
定員:35名
参加費:30,000円(お申込後10日以内にお振込下さい)
★昨年、横浜で開催したテンプル主催の断捨離セミナーにご参加下さった方の再受講は25,000円
お申込はこちらから

まだ「断捨離」を読んでない方は是非。必読です。
男性が書いた断捨離の本もあります。「8割捨てればうまくいく
by hiroshimapop | 2011-06-14 21:59 | テンプル最新情報 | Comments(0)