毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

猫好きをさらに猫好きにする本
歳をとっておばあちゃんになったら、6匹くらいの猫と暮らして、近所の人に「ミツダさん?あ、あの猫好きのおばあちゃんね」なんて言われたい。

神様に「3つのお願いをかなえてあげます」と言われたら「1日だけ猫になりたい」。猫の脳味噌で考え、猫の目で世の中を見たら、どんな世界が広がっているんだろう?



猫語の教科書
猫が新米猫のために書いた「猫族が快適な生活を送るために、どうやって人間をしつけるか」のマニュアル本。 まんまと私も猫たちの可愛らしい仕草にしてやられているので、この本は猫好きにはたまらない1冊。

「とらちゃん
群ようこさんが書いた動物たちのエッセイはどれも好きだけど、なかでもこれは珠玉の1冊。何度も読み返してしまう。これを読んだら、自分ちにもある日、猫が迷い込んでくれないかと思ってしまう。


ジュルのしっぽ
先日死んでしまったジュルちゃんの写真集。野良猫時代のジュルちゃんと、人と暮らしはじめたジュルちゃんの表情の違いには驚愕してしまいます! 毎日のようにジュルちゃんのサイトに行っていたから、今もやっぱり無意識にジュルちゃんのサイトをクリックしてしまう・・・。


作家の猫
夏目漱石の「我が輩」や、内田百けんの「ノラを探す張り紙」まで、作家が愛した猫たちの写真とその猫たちにまつわるエピソードは、猫好きにはたまりません・・・。


もちろん我が家の猫たちも愛おしい・・・

                      左がニコさん、右が福ちゃん
c0125114_18232761.jpg

                         暖かい場所みっけ!
c0125114_1823419.jpg

by hiroshimapop | 2010-10-29 19:21 | セミナー・舞台情報 | Comments(5)
Commented by 日本三毛猫 at 2010-10-30 13:26 x
 「ヒトのオスは飼わないの?」(米原万里)もおもしろいですよ。猫語がわかるロシア人が登場したりします。

 もし私が本物の猫だったら、うちの犬(超猫好き)の胸の中で眠りたいです。ふかふかで気持ちいいだろうな~~。
Commented by nekoyama at 2010-11-01 11:45 x
早速読んでみたいと思いました♪
Commented by まきのすけ at 2010-11-01 19:33 x
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309271934

作ってあげたい猫の首輪 これもかわいいです!
動物の洋服 反対派の私もイチコロです。

よろしかったら、みてくださいね。
Commented by 3匹のねこまま at 2010-11-01 19:59 x
「猫にかまけて」by町田康。
「魔につかれて(肉体の悪魔の原題)」byラディゲくらいに、
タイトルがやるせないです。
有名すぎるからミツダ名人の選外かもしれません・・。
ねこままは、今日も猫にかまけましたよ。
Commented by hiroshimapop at 2010-11-02 12:22
「猫にかまけて」は早速注文しましたよ。なんだか読む前から泣きそうな予感です。「ヒトのオスは飼わないの?」はもちろん大好きな本の1冊。絶対捨てない本のリストに入ってます。米原万里さんが飼われていた犬や猫たちのその後が書かれている「終生ヒトのオスは飼わず」も泣きました。米原さんの愛の深さに胸が打たれます。