毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

我が家のボージーストーン
ニューエイジ業界の人間なのに(それ以前に女性なのに)、私は、水晶とかジェムストーンとか、石や宝飾品にあんまり興味がありません。

それなのに、2~3ヶ月ほど前、慶太さんのお店「アプサラ」さんで、なぜか突然、ボージーストーンが気になって一対買って帰ったことがあります(いくつかあったボージーの中から、キネシオロジーを使って、一番、我が家に来たがっているのを選んでもらいました)。アプサラさんには、ローズクオーツとか、水晶とかキレイな石がたくさんあるのに、なんでボージーが気になったのか、また購入に至ったのか、自分でもさっぱり分からず。だって、ボージーって、黒っぽくて全然可愛くない石なんですから。

これには「男性石」と「女性石」があるってことだったので、家に帰ったあと、左右に分けて、ベッドサイドテーブルに置いて・・・・

・・・・・実は、そのまますっかり忘れてました。


1週間ほど前、ふと石をみると、なんと1つ(女性石)の表面が砂だらけに。水に浸けたわけでも、何か特別なことをしたわけでもないのに・・・。

慶太さんに画像をメールで送って相談したら「どうしてこんなになったのか、石に直接聞いてみよう」ってことに。


土曜日の夜は、太陽タリスマン準備のため、慶太さんのオフィスに早めに行くことになったので、さっそく慶太さんに、代理&遠隔キネシを使って、我が家のボージーさんにコンタクトをとってもらいました。

我が家のボージーさんがどうしてこんな粉だらけになったのか・・・・


慶太さんの口から出たボージーさんの回答は・・・

驚きますよ~。

だって、彼女、こんなことを言っているらしいんです!
「私は猫が好きなんです。特にロシアンブルーは好きです。だから猫に注目してほしくって粉粉を出してみました~」

ほんまか~?!って思いますが、こんな答え、常識では絶対作り上げられません・・・・。


特に「以前より変わったね~!」って猫に思ってほしいそうです~。

ボージーは、アメリカのインディアンの聖地で採れるらしいので、そんなところにロシアンブルーはおらんだろう、と思うんですが、もしかしたら、我が家に着いて、猫なる生き物を知り、あの自由さと気まぐれさに、すっかり片思いしているのかもしれません。石本人は、あんなに自由に歩き廻れないですしね。

家に戻って、さっそく、毎日必ず猫たちと一緒にいられる場所・・・「猫のお食事処」の横に置いてあげました。
毎日、猫がゴハンを食べるたびに一緒です。

                     猫に片思い中のボージーさん
c0125114_13212955.jpg

                     そんなことより、今年は暑いぜ!の2匹たち
c0125114_13213948.jpg

by hiroshimapop | 2010-07-26 13:29 | 今日のニコさん | Comments(2)
Commented by フララ at 2010-07-26 15:02 x
かわいい!
そういわれると、そんな感じのボージーちゃんですもの。

今日は、マヤ暦の元旦だそうです。
今日から瞑想をはじめ、今日から言い訳は言わず思わず この2つが目標です。
両方とも光田様からの発信で私が気づかされたことです。
ありがとうございます。
Commented by やよい at 2010-07-26 19:28 x
ありえる話だとは思うんですが、面白すぎます(爆)