毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

一足お先に、10月24日(日)のお知らせなど・・・
めっちゃ早いお知らせです、10月24日(日)に森美智代さんのセミナーが決まりました。

森美智代さんは、小脳脊髄変性症という難病を甲田療法という青汁を主体にした食事療法で克服されたあと、現在までの約15年間、1日1杯の青汁だけで過ごしていらっしゃいます。

森さんがお書きになった「食べることやめました」を読んでから、いつか森さんとお会いしたいと思っていましたが(後で分かったのですが、なんと、森さんは数年来のテンプルのお客様でした!)、森さんの人生を映画にした「不食の時代」という映画も完成したこともあり、映画上映と森さんのお話を・・・・ということで企画してみました。




以前、森美智代さんが健康番組に出演されていたのを見たことがありますが、森さんの腸の中には、名前も、どんな働きがあるのかも分からないような未知なる腸内細菌であふれているとか。
確か「人間というより牛に近い」と言われていたように思いますが、1日1杯の青汁だけなのに、私より肉付きがいい! 人間の身体というのは神秘のかたまりです。

タンパク質は? 炭水化物は? ビタミンは?
これまでの栄養学では全く理解できない森さんの身体です・・・・。


そして、夕べ、私は舞台のあと、てんつくマンさんの「107+1(天国はつくるもの)パート2」を見てきたんですが、この映画の内容が、またまた人の潜在能力って素晴らしいなぁ、人の治癒力って計り知れないなぁと感じる内容でした。この映画も多くの方に見ていただきたいし、せっかくなので、森さんの映画上映の前に、この映画も上映してしまおうかと思っています。

末期癌で、余命半年、2年後の生存率0%と宣告を受けていた杉浦貴之さんが起こした奇跡(余命半年だったハズなのに、6年後、ホノルルマラソンを完走してしまいました~!)や、植林活動を通じて生きる希望を取り戻し、やはりホノルルマラソンを完走してしまった癌患者の野見山さんのお話などなど、この映画を見ていると、人が持っている内なる治癒力について、私たちはまだまだ何も知らない。人間の限界って、私たちが感じているよりも、もっともっと大きく果てしなく大きい。もしかしたら限界なんて、ホントはないんじゃないかな?って思ってしまいます。


てんつくマンさんの映画ではありませんが、
脳幹出血で倒れ、万に1つも意識は戻りませんと言われた山元加津子さんのお友達、宮ぷーさんも、今ではなんと、レッツチャットという機械を通して、お喋りだって出来ています。宮ぷーさんのひとことは、ユーモアやウイットに富んでいて、宮ぷーさんが加津子さんにする、するどい突っ込みに、いつも笑わせてもらっています。


10月24日は、てんつくマンさんの映画や森さんの映画と講演会を通じて「え~?人間って、こんなパワーを秘めているの?知らなかった~!」っていうのを、皆さんと、とことん感じてみたいと思います。

参加募集は、8月末頃になると思いますが、その前に。。。。
スケジュールだけは空けておいて下さいね~。
by hiroshimapop | 2010-07-12 20:11 | テンプル最新情報 | Comments(0)