毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

この夏、なんだか見えない世界が表に出てきた
以前は第三舞台の看板女優さん。いまはトレランスという演劇ユニットでご活躍中の長野里美さんにお誘いいただき、長野さん主演の新作舞台「アセンション・ミロク」を見に行ってきました。

冒頭から、ニューエイジなセリフが続き、私は最初の5分であわやセリフの海に溺れかけてしまいましたが・・・。

広隆寺の弥勒菩薩がなぜ国宝第一号になったのか? なぜ大麻(ヘンプ)が日本では栽培できなくなったのか・・・? さらに、ホ・オポノポノの4つの言葉、天からの啓示と日本の黒い歴史とが主人公の人生に絡み合い、見えない世界が当たり前の世界となって、ストーリーが進んでいきます。

この脚本を書かれた上杉さんの本棚には、精神世界や宗教関係の本がずらずら並んでいるんでしょうねぇ。上杉さんとお喋りしたら、夜通し「見えない世界話」で盛り上がりそう。

公演は火曜日までなのですが、お時間がある方はぜひ。


見えない世界繋がりで、8月の上映開始を楽しみにしているのが、「ヤギと男と男と壁と」。
アメリカ政府が、表立って「あった(もしくは今でもある)」と言えない、でも、ちゃんと実在したアメリカの超能力部隊のエピソードが映画化されます。しかも、主演はジョージ・クルーニーほか豪華キャスト。

リモートビューイングもこの超能力部隊が開発したもの。これまで秘されていたハズのものを、こんな大々的に、世界的な映画にしていいのか?と驚いてしまいましたが、これも時代なのでしょうか・・・?

7月はアセンション・ミロクの舞台。そうそう、もうすぐNYから、占星術家のウイリアムも来日。
8月は超能力部隊の映画、9月はジュリア・ロバーツ主演の映画「食べて、祈って、恋をして」。

なんだか、この夏は続きますね~。


by hiroshimapop | 2010-07-09 19:52 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)
Commented by せきぐち at 2010-07-11 13:54 x
「アセンションミロク」見てきました。長野さん他役者さんの演技に圧倒され、台詞の中身に圧倒されました。ニューエイジな内容がごく自然に語られていることにびっくり。一昔前ならば考えられないことですね。