毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

第2回の黙示録講座、大盛況のうち終了!
1月に開催した黙示録講座、ご好評につき、2回目の開催でした。

・・・・前回はトータル5時間の講座だったのに、黙示録12章あたりで時間切れしてしまいましたから、今回は、旧約聖書の創世記も含めつつ、トータル9時間の講座。2日間にわたり、じっくり聖書に浸っていただく予定でしたが、始まってみると9時間でもまだ時間は足りませんね~。

だって、創世記がスタートして1時間たったあたりで、まだ聖書は第1章。アダムとイブはまだ出てこない。休憩時間あたりでようやくカインとアベルのお話に突入。残り1時間半でどうやって出エジプト記まで行くんだ?って心配になっていたら、やはり後半は猛ダッシュ。
黙示録も同様。6時間あれば大丈夫かと思ってましたが、語るべきことは山のごとく。全然時間は足りませんね~。話す内容が深すぎて、前半部分はゆっくり内容について語れても、後半部分は猛ダッシュ。

語る兄も大変だったと思いますが、それに追いついていく私たちも脳みそは疲労困憊でありました。

九州、北海道、四国などご遠方からわざわざご参加下さる方もいらっしゃるので、土曜日の開始時間は午後から夜9時まで。そのかわり、今日の日曜日は、夕べ新しい知識を入れるのに高速回転していた脳みそをゆっくり休めていただきたく、朝は11時開始としましたが、9時間の講座でも足りないとなると、次回は12時間コースか・・・・!? あるいは合宿コース???

どちらにしても、ケイシーの黙示録講座はめっちゃ面白かったです。

前回に引き続き、今回も最初から最後までご参加下さった方が10名くらいいらっしゃいましたが、何度聞いても、ケイシーの聖書解説は面白いと感想を言われてました。私もそう思います。
c0125114_21302939.jpg



私は前回の黙示録講座も聞いていましたが、今回の講座で「長年胸につかえていたモヤモヤがすっきりした~!」って思ったことが1つ。

それは聖書に書かれている偶像崇拝の禁止について。

ウイキペディアには、偶像崇拝についてこう書かれています。
「偶像崇拝(ぐうぞうすうはい)とは、神像、カリスマ的な人間の像、超常的な自然構造物などの偶像を崇拝する行為のこと。その行為に対する否定の気持ちが込められた表現である」


教会の中には、聖書で偶像崇拝が禁止されているからと、磔になったイエス像も他の聖人の像も、なにも彫刻が設置されていないところがあります。せいぜい美しいスタンドグラスが窓を飾っているくらい。

磔になったイエス像が無く美しいステンドグラスがあるというのは、かえって清々しい雰囲気がありますので、日本人の私としては「教会としてはこっちのほうが好きかも」なんて思ったりしていましたが、それでもなぜ、像を作ってではいけないのか、神の像であってもそれに対して手を合わせていけないのか、その理由が私には全く理解できませんでした。

人間は弱いんだから、信仰の対象を目に見える形で作ったほうが信仰心を高めやすい。それをなぜ、まず最初に駄目だと禁じるんだろう? モノやヒトに手をあわせるのがダメなんだろうか? 像や建築物は誰か人間が作ることになるから、その誰か特定の人の目と感性を通して作られたモノを、不特定多数の人が、それこそ神の姿なんだと思いこんでしまうのは困るってことだろうか? などといろいろ理由を考えていたりしました。


でも、ケイシーリーディングによれば、偶像崇拝の「偶像」とは、誰か人が作った像を拝むなということではなく、ひと言でいうと「物質欲」「マテリアル信仰」。この人生の優先順位が霊的成長にない状態はすべて偶像崇拝。この世に生きる目的や理想を霊性の向上からずらさせ、横道にそらせるものはすべて「偶像」ということなのだそうです。 

つまり、聖書で偶像崇拝が禁じられているからと教会でも、お寺でも、像に対して手をあわせることをしなくても、毎日お金勘定のことばかり考えていている人、名誉欲、物質欲にとらわれている人は、立派な偶像崇拝者ってことになります。

最近、私はある会社の社長さんと喋っていて驚いたことがあります。
その方はスピリチュアルの世界に詳しく、社会奉仕的なことにも熱心な方なのですが、やはり「男の社長」だなぁと思ったことが1つ。それは何を喋っても最終的に聞かれるのは「それは、お金になるのか? それはいくらでできるのか? それは安くなるのか?」 そんなことばかり・・・・。

常日頃は、多くの人のためになる仕事がしたいと言っていても、仕事をするかしないかの第一基準が「それはいくら儲かるんだ?」ってことになってしまうと、それはやはり偶像崇拝者ってことなんだ~って、ついこの間の会話を思い出しながら、な~るほど~って思ってしまいました。

だから、偶像崇拝って書かれてある聖書の部分を、そういう思いで読んでみると、なるほど~と、前後がすっきり読めてきます。

黙示録講座は、またいつか第3回を開催すると思いますので、そのときには、ぜひご参加くださいませ~。

ちなみに今回は、お仕事でお忙しいなか漫画家の美内先生も「ケイシーの黙示録の話、面白そう~」って2日を通してご参加下さり、聞けば聞くほど、疑問や知りたいことが出てくるっておっしゃっていましたが、ホント、聞けば聞くほど深みにはまります。
by hiroshimapop | 2010-06-13 22:24 | テンプル最新情報 | Comments(0)