毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

イチから始めるキネシオロジー後半戦スタート
キネシオロジスト慶太さん。今日は吼えました!

午前中の講義。セミナー会場に時計が無かったことをいいことに、予定をどんどんオーバーして朝10時のスタートからなんとお昼まで、ずっと慶太さんの独壇場。熱く語りましたよ~。

なんどか慶太さんのお話は聞いていましたが、今日が一番熱かったんじゃ~ないかしらと思ったほど。

慶太さんのお話のなかで興味深かったことを3つご紹介。

その1)
アラジンの魔法のランプをこすって大魔神が出てきたとき、大魔神がこう言いました。
「いますぐあなたの願いを言いなさい。あなたの願いを1つだけ叶えてあげよう」
さて、あなたはすぐに自分の願いを大魔神に言えるでしょうか?

・・・こうなりたい、ああなりたいって、普段、なんとなーく考えていたりします。
でも、「では30秒以内に、できるだけ具体的に自分の願いを説明して」って言われたら、けっこう答えられないものなんですよね。突っ込まれて聞かれると、ちゃんと考えていたつもりだったけれど、実は、ほとんど形にすらなっていなかったことに自分でも愕然としてしまう感じです。


その2)
***さんは、全然優しくない → 本当の願望 → 私は***さんに優しくされたい
**先生は私を無視する → 私は**先生にもっと関心をもってほしい

・・・・表現をちょっと変えるだけで不平不満が、全然違ったニュアンスになりますねぇ・・・。
これはちょっと私にはパラダイムシフトの表現かも。


その3)
自分を殺して相手に合わせなければ友達でいられないなら、友達なんていらない。

相手にばかり合わせていると、本当は自分が何をしたいのか分からなくなってしまう。

自分の個性を発揮したり、自分自身でいることを楽しんでいれば、いずれは、そんなあなたがいい、といってくれる友達が見つかる。そのときは、もう自分を偽らなくてもいい。


・・・・私も高校の頃「気の合う女友達が2人、好きな人が1人、合計3人の好きな人がいれば、私は幸せ。そんなにたくさんの友達はいらない」って言っていた人間なので、すご~く分かります。子どもの頃からちょっと変わり者って言われてた(らしい)し。こういうところが、私は慶太さんと似ているところなのかも。


今回の講座、「友人や家族に合うサプリを見つけたい」 といったレベルの内容を期待していた方には、「他人のことを見る」というより、自分の深層心理にまでキネシオロジーが到達してしまうので、とまどってしまった部分もあるかもしれないですね~。

キネシを使えば、無意識レベルの願望を釣り上げてくるので、日常生活ではほとんど考えたり、見つめることのない「自分の裏の感情や願望」や「自分の可能性の発揮を抑制している本当の理由」に行き着いたりしてしまいますから。

私も今回は主催者というよりは、いち参加者となって一緒になって参加しているので、自分自身を見つめるので精一杯。廻りを見る余裕無し!

残すはあと1日。楽しみです!
by hiroshimapop | 2010-05-29 23:35 | テンプル最新情報 | Comments(0)