毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

NYの永島洋子さんからのメール
NYの占星術家、ウイリアム・スティックエバーズのマネージャーであり、通訳の永島洋子さんから、下記のようなメールが届きました。

ぬるま湯状態の都会生活にどっぷり浸かっている私には、「え?そこまで言われるほどは悪化してないと思うけど。。。」と、ちょっとピンとこない部分もあるのですが、外にいるからこそ見える、感じる、激しい危機感があるのでしょうか?

ゆっくりゆっくり温まっている鍋のなかでのんきに泳いでいる「カエル」が私たちなのかもしれません。お湯の温度が危機的状況にまで上昇してしまうのが2012年なのでしょうか? その臨界点を越えさせないためには、一人でも多くの「目覚めた人」が必要なのかも・・・。


今回のピカトリックスセミナーでは、黄金の泉・溢れる富のタリスマンを受けますが、これは、この間ご紹介した惑星Tスクエアの影響を最小限に抑えるためには、まさに最適です。おそらく私たちの力だけでは(天や宇宙の力を借りないと)スムーズに乗り切ることが難しい2010年の惑星のTスクエアのように大きなネガティブなエネルギーに対処するには、やはり、宇宙のパワーに頼るしかないように思います。
この影響は2012年まで続きます。

因みに、Tスクエア無料診断には、720名を超える皆さまのお申込みをいただきました。皆さんには3月に結果をお知らせする旨、メールでご連絡しました。

補足ですが、このピカトリックスに関して、ウィリアムとクリストファーという二人の世界的な権威がいっしょに講義をするセミナーというのは、占星学業界でも、めったにない異例の特別なことで、これが、日本で行われるというのは、おそらく今回を逃すともうないでしょう。

二人とも40才台ですが、おそらく、今後の米国の占星学業界を率いることになると思います。当たり障りのないことを言うだけの保守的な占星家が多い中、ビルとクリスは、そんなことは気にせず、真実をそのまま伝えることをよしとしている二人ですから、他では得られない情報を得ることができるでしょう。2-3年後には、きっと、出席しておけばよかったと皆さんおっしゃると思います。

逆に言えば、これが日本で行われることになった背景には、日本の状況が、天の助けがないとどうしようもないほど悪化していることになります・・・(後略)。


2月に来日するウイリアムの個人コンサルティングと、木星タリスマンはすでに満席になったそうです。このピカトリックスタリスマンのワークショップのみ、若干名、まだ空きがあります。
特に占星術の知識がある方、呪術に興味がある方は、私なんかより、より深い学びがもたらされるのではないでしょうか?

ちなみに、クリストファーさんは、このタリスマンという不思議な占星術をするためにワシントンDCの検事から、もっと時間が自由になる弁護士に転身した変わり種。

ご興味がある方は、スターマジックまでお問い合わせください
by hiroshimapop | 2010-01-27 10:46 | 世界は不思議に満ちている | Comments(1)
Commented by st812 at 2010-01-28 01:25
この週末、初めてテンプルさん主催の「黙示録」の講演会に参加させて頂きます。

聖書については全くの初心者なのですが、今からとても楽しみにしています。

また全然別のお話ですが、ニュースでは先日屋久島でがけ崩れが起き縄文杉に向かう登山道が通行不能になっているみたいです。

別ルートでの登山は可能のようですが、早く復旧出来ると良いですね。