毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

今日はスタッフと「社会見学」
今日は、岐阜県の(株)タニサケさんまで、スタッフと共に会社見学に。

タニサケさんは、ゴキブリ駆除のゴキブリキャップを作っている会社。材料は、ホウ酸と小麦粉とタマネギなど、家庭ですぐにそろうものなので、我が家でも昔、母が自家製ホウ酸団子を作っていたのを思い出す。

ホウ酸団子は、簡単に家庭ですぐにできるうえに、スーパーやドラッグストアに行けば、大手製薬メーカーをはじめ、何社もの会社がゴキブリ駆除商品が300円~500円くらい、あるいは、もっと安く売られている。

それなのに、タニサケさんのゴキブリキャップは、15ヶ入りで1680円もする。
はっきり言って値段は高い!

なのに、年間の売上は9億! つまり、とっても売れているのです。
さらにスゴイのが、9億の売上に対し利益は2億。これはフツーの会社ではありえん利益率の高さ。

社長いわく、商品をできるだけ安く作り、高く売る。そしてやたらとものを買わない、そんなお金があるなら、社員さんの幸せに使う。

もう、テンプルとはえらい違いです。

タニサケさんの素晴らしいのは、社員さんやパートさんの「もっとこうしたら?」「もっとこうしてほしい」というアイディアや不便、不満を拾い出し、それを目に見える形で改善する仕組み、システムが出来上がっていること。それは、掃除用具のモップの片づけ方法から、ドアの取っ手の形状を変えること、工場の機械の操作方法手順を変えることまで多岐にわたっている。

床にモップかけをするときに、ゴミ箱をいちいちどかす必要がないように、ゴミ箱の下に台をつくって、掃除しやすいようにしたり、花びんが倒れないように花びんの後ろに支え棒を入れたり・・・など、聞くとなーるほど!って感心することしきり。

専門のメーカーさんに頼めば500万、1000万円もするような器械の改良を、ちょっとしたアイディア、工夫で、格安で社員さん自身が行っているので、まったくローコスト。しかも、その改良の材料に掃除ブラシが使われていたりと、なんとも、ユーモアがあっていいのである。

3年前にも見学に行ったことのあるスタッフの河内曰く、3年前とは、またさらに改良、改善が進んでいて、以前にはなかったものがたくさんあったとのこと。1ヶ月100件もの改善の要望やアイディアが出てくるんだから、スゴイものです。

タニサケさんは、岐阜の田舎にあるんだけど、1度、就職した社員さんやパートさんはほとんど辞めない(辞めないから求人もしない)。今日ご説明下さった社員さんも、もう、おもしろくってたまりません!って感じでした。

会社の見本、優良モデルのような会社です。

社長の松岡さんは、社員やパートさんには言葉では言わない、背中で語る、って仰っていましたが、背中でも言葉でも語れないダメダメ社長率いるテンプルは、私がダメ社長の分、優秀な社員さんとパートさんに支えられているって感じだな~って思います。

松岡さんの今日のテンプルへのアドバイス。まずは「残業をしない」と決めること。それだけで、仕事の効率と能力をどう上げたらいいか創意工夫が始まる。

スタートはそこからかな。
by hiroshimapop | 2009-10-22 23:20 | テンプル最新情報 | Comments(1)
Commented by せきぐち at 2009-10-24 15:37 x
30年くらい前でしょうか、父がある日ゴキブリ退治の面白いものがあると言って、タニサケの商品を持ってきました。新し物好きの父は早速それを自分の店で販売し始めました。今でこそホウ酸団子はポピュラーですが当時としては画期的な商品でした。ちょうど父が商売を軌道にのせるべく奮闘中の次期でしたので、家族で協力して日々を送っていた当時のことを思い出しとても懐かしく今回のブログを拝見しました。