毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

映画「Water」
東京のIHM(オフィス・マサル・エモト セミナールーム)では、いま、毎週水曜日の夜、Waterという映画を上映しています。

この映画はまさしく「水」の不可思議さについて描いたもの。信じられないことに、科学者ですら、水について実は何も知らない、分かっていないそう。水は人間にとって一番身近な存在なのに、私たちは水について何も知らないんですね。


1956年。東南アジアでこんなことが起こったそうです。
科学者が集まり生物兵器について何時間も討論していました。でもの会議は突然に発生した食中毒によって中断されます。参加者が飲んでいたのは、テーブルに置かれた水だけ。そしてその水は検査しても単なるH2Oで、有害物質は検出されることはありませんでした。
でも、その水は、科学者たちが吐き出す恐ろしい言葉によって汚染されていたのです。

私は東京の鉄筋コンクリートのマンションに住んでいますが、我が家の水道の蛇口に届くまで、水な長い長い旅をしてきます。その水が通っているパイプは、アチコチで90度に曲がり、多くの家庭の近くを通っています。
自然界には90度に急激に曲がるという場所はほとんど存在せず、その急激な角によって水分子は傷つけられているとか。そして、水が通っている上水パイプが通っている家庭や会社で言い争いや憎しみが起こっていたら・・・。その側を通っている水もその情報が入ってしまっているかもしれないのです。

人間の身体の7割は水。そして脳の85%は水。
・・・・ということは、脳に近い耳のそばで、携帯電話で長電話すること。激しいロックの音楽を聞くこと。そして人の事を悪くいうこと。それはダイレクトに脳に含まれる水分に悪影響を及ぼしてしまいます・・・。

水について私たちはもっともっと繊細に扱ったほうがいいようです。



それから、この映画「Water」がらみで、イベントも予定されています。

☆春分スペシャルイベント
【映画「Water」公開記念】
水からの伝言・江本勝先生のIHMで「愛感謝のチベット体操ワークショップ」開催します。
水の美しい結晶写真映像と心身デトックスのヨガ、チベット体操、世界初のコラボレーション。心身を愛と感謝で満たしましょう。

日時:3月22日(日) 国連 水の日 14:00~16:00
お一人3900円(サンキュー) ホーリーウォーターつき

会場:IHMセミナールーム(浅草橋駅東口より徒歩5分 都営浅草線浅草橋駅A1出口より徒歩4分)
持ち物:動きやすい服装、ヨガマットかバスタオル。

お申し込みは、件名に「愛感謝チベット体操」、お名前、人数、メールアドレスをご明記のうえitakuralisa@yahoo.co.jpまで。先着順受付。
by hiroshimapop | 2009-02-20 23:00 | セミナー・舞台情報 | Comments(1)
Commented by momo at 2009-02-21 00:21 x
『水は情報を記憶する』
この映画を見て、祈りや言葉の大切さを、あらためて感じました!
blogでご紹介してくださって嬉しいです。ありがとうございます(^^)