毎日がエドガー・ケイシー日和 ケイシーグッズ専門店テンプルビューティフル店長が世界を飛び回りながら、今を健康的に生きるヒントをお伝えします。

毎日がエドガー・ケイシー日和

写真集「聖なる光」
夕べ、漫画家の美内すずえ先生から、残念なお話がありました。

平成19年7月に発刊され、精神世界系、ニューエイジ系の方々に「おお~!」という驚きの声で迎えられた「聖なる光」という写真集の、ほぼ全ての写真に偽造が行われていた疑いがあることが判明しました。

撮影者の奥聖さんと美内先生は長年の友人。日本各地の聖地を一緒に旅行し、写真が撮影された多くの場所でもご一緒だったそう。

美内先生のそばで写真は撮影され、また、すぐに撮影した写真は旅先の近所の写真屋さんで現像に出さることもあったそうなのですが、よもや、自分のそばで、また数年にわたり偽造が行われているとは夢にも思わなかったとのこと。

でもあることがきっかけで、二重露出、三重露出が行われたり、カメラの前に人工のものを置いて撮影していたことが判明し、美内先生が預かっていたフィルム(約2500枚)を全てチェックしたところ、数枚・・・というレベルではなく、次から次ぎへと明らかに偽造と分かる写真が出てきたそうなのです。

写真の専門家が見ると、すぐに「これはインチキ」と分かるレベルの写真も多く、また今思い返せば、「アレレ?」ということもたくさんあったようなのですが、よもや長く親しくつきあっている友人が自分を騙していたなんて、夢にも思わず、偽造かも?ということは全く想像だにしていなかった事。美内先生にとっても青天の霹靂。非常にショックを受けていらっしゃいました。

でも、目の前にあるあまりに多くの証拠に、事実は事実として受けとめ、写真集の発売はすぐに中止し、とりかかりつつあった第2集の写真の編集も中止されました。

私も美内先生から、この写真集を見せていただき、撮影秘話なども聞かせていただいていたので、まさか偽造だなんて、思いもせず、10冊ほど購入して、治療院をやっている友人(待合室に置く本として)やスピリチュアルに興味のある友人にプレゼントしていたんですが、あらら~という感じです。

嘘っぽい写真もありましたが、「お~という」写真もあったんですよね~。

夕べのお話は、私のように単純で、人の言葉をすぐに信じてしまう人間は、ジュリアンがセミナーで話していたように「言葉は無意味。先入観を持たず、心と心で感じて、会話をしたほうがいい」というアドバイスのとおりに生きないといけないと実感するような出来事でした。

いま思い出せば、私も親友だと思って心を打ち明けていた友人が、裏で、私の足を引っ張り陥れていたことが判明したことがありました。そのときも、彼女の心の闇の部分が表面化する、いくつかの出来事はありながら、「まさか!」という思いで、その事実をちゃんと正面から見たり考えたりすることもなく、私に語られる友人の言葉だけを信じていた結果でした。

人は、時として、お金とか欲のために、嘘をついたり騙したりができるんだな~っていう「へぇ~」っていう驚きとともに、大きな学びにもなったんですが、あの出来事はまだ個人的な出来事ですし、今回の美内先生のように、社会的な被害がないわけで、そう思うと、美内先生の二重のショックを想像すると、本当に、心が痛いです。

書店では売ってない本なので、多くの方は、ネットを通じて購入されていたと思います。いまも売られているところはあるそうですが、ご購入に際しては、ご自身の心で判断してくださいね。

美内先生のところでは、お詫びのページをサイトにアップされたそうです。すでにご購入になっている方には返品も応じてくださるそうなので、ご確認下さい。


3月4日追記:
★この写真集についての、追加のコメントを3月4日のブログで再アップしました。
by hiroshimapop | 2009-01-21 10:00 | 日記 | Comments(2)
Commented by 勘太郎 at 2013-08-07 14:23 x
奥聖氏の写真、実体験をした者です。
奥氏は、大木の前に私を立たせ、10メートルほど後方から、24枚の写真を撮ってくれました。所要時間は、およそ30分間。すぐに、近くのスーパー店内のDTP屋に、フィルムを渡し、現像終了までキッカリ40分間後、写真を受け取った。
24枚すべてに、光が旋回し、拡散し、様々に変化。私の頭上から身体に入っている虹色の光。
この40分で奥氏が「加工」する時間があると思えない?写真屋が、数百円の現像代金で、「加工」をしてくれるのでしょうか?
奥氏の写真は、二重写しなどの単純な仕掛けで撮れる程度の映像でしょうか?ちなみに、奥氏はPCは全く使えず、見るの嫌、FAX送信、携帯メールさえ使えない人。
奥氏は「自分の目で見える」から、それを写真に撮っていると、聞きます。

「写真は偽物」と言う人は憶測だけ。私は、実際に撮影に臨場、撮影もされて、出来上がりまでを体験しています。

自分の目で確かめ、体験したことだけを「真実」としたものです。

政治、原発の「嘘」が通ってきた世の中ですが、
「精神世界」を探求しているみんな、

「真実」に目覚める時が来ているようです。



Commented by 通り過ぎ at 2013-12-29 03:53 x
事前にフィルムに細工をすれば
容易いインチキ写真の出来上がり!